サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 2006年12月
大人女性の消費行動:趣味・教養・娯楽
◆◇趣味人~50代女性の消費◇◆ 2006.12.26

趣味人の定義はいろいろです。
趣味とは、「専門としてではなく楽しみとして愛好する事柄」。
「物事を感じ取る能力」。

それに「人」が加わると、
 ○趣味にお金をかける人、
 ○趣味を優先する人
 ○センスの良い人
といったところになります。

こうしてみると、50代女性は、立派な「趣味人」です。
好きなことにお金と時間をつぎ込めるのですから。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇個人年金~50代女性の消費行動◇◆ 2006.12.21

夫の定年が近づくと、女性は老後の生活費が大丈夫かと心配になってきます。
それまでも考えないわけではないですが、
目前に迫らないと現実味を帯びないのです。

公的年金だけでは不十分だから、自分でも準備が必要と思いますね、たいてい。

個人年金保険の保険料一時払いにしようか、
変額年金保険もある、元本保証付きという商品もあるらしい

ここまでは調べます。
問題はその次。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ショッピング事情
◆◇ポイントカード~50代女性の消費行動◇◆ 2006.12.19

ポイントカードを持っていない主婦は、まずいないでしょう。

家電量販店、スーパー、百貨店、ドラッグストア、商店街やショッピングセンター、
美容院、ガソリンスタンド、ホームセンター、CD・DVDレンタル店、書店、
衣料品店、食料品店など、発行元は実にたくさんあります。

スタンプを押す紙製のカードから磁気カードまで、形態も様々。

得するチャンスをみすみす逃すことは、ベテラン主婦にとって悔しいものですから、
ポイントカードがあれば、薦められるとたいていは作るのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
小冊子の販売
小冊子「新富裕ミセスの消費心理 暮らしインフラ編」 2006.12.14

小冊子を作成しました。

「新富裕ミセスの消費心理 暮らしインフラ編」
~時間とお金を持つ50代女性がマーケットを創る~

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この省冊子の販売は、2008年2月末日で終了いたしました。

ありがとうございました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


新富裕層の50代女性 その買い物ココロとは?

 sstoriPICT0941.JPG

●新しく登場した富裕な主婦の消費心理は?
●財布の紐をゆるめるのはどんなとき? 
●どんなモノやサービスに心が動かされる?

好評メルマガをジャンルごとに分類、「暮らしインフラ編」としてまとめたものです。

こんな方にお勧めです

新富裕層である50代の女性に対して
●商品を買ってもらいたい方
●サービスを提供したい方
●まずは店に来訪してもらいたい方
●ファンになってもらいたい方
●気持ちよいお付き合いをしたい方

 詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:健康・美容
◆◇フィットネス~50代女性の消費行動◇◆ 2006.12.14

フィットネスクラブでは、女性会員が増加しています。
特に、50代60代の伸びが著しいのです。

102号のクイズでも出題したように、
50代女性の会員数は32.1万人もいます。
(平成17年特定サービス産業実態調査。経済産業省・平成18年11月24日公表)
30代女性の35.7万人に迫る勢いです。

昔、中年以降のおばさんがするといえば、
体操ぐらいだったことを考えれば、大きな変化です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇近くに住む~50代女性の消費行動◇◆ 2006.12.12

子供たちが成長し、巣立って行っても、
できれば「近くに住んでほしい」と、親は思います。

思うだけで、親の権威をもって強制することは
今の50代ではありません。

「元気ならば、子供はどこにいてもいい」と断言する女性もいますが、
割合とすれば少ないでしょう。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:趣味・教養・娯楽
◆◇クリスマス~50代女性の消費行動◇◆ 2006.12.07

若い世代ほどではありませんが、
50代の家庭でも、クリスマスの雰囲気は楽しみます。

クリスマスリースを作って飾ったり、
庭や玄関先にイルミネーションを施したり、
ポンセチアの鉢植えを買ったり。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇お墓の意識~50代女性の消費行動◇◆ 2006.12.05

長寿時代の今、50代はまだまだ高年齢とはいえませんが、
自分のお墓について、そろそろ考え、準備に入る時期です。

お墓は代々「○○家」が継承すべきものとして維持されてきました。
男性はその考えがまだ強いようですが、
女性は必ずしもそうではありません。

子供がいても、将来自分のお墓が無縁墓になるかもしれない、
と感じる人も増えています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.