サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:ライフスタイル > ◆◇投資信託~50代女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇投資信託~50代女性の消費行動◇◆ 2006.06.02

世帯主が50代の家庭では、貯蓄が平均1747万円、60代では2367万円。

(総務省の家計調査から、平成17年の全国全世帯平均。
5月に発表されたばかりの数値です)

一方、老後に入るときに、いくら備えていればいいと思うかと問えば、
50代女性は2730万円と、答えています(2006年3月ビッグローブの調査より)。

現にある貯蓄と必要と思う額には、ギャップがあります。

いまだ、定期預貯金は超低金利ですから、
少々のリスクはあっても、有利な資産運用をしたいと
考えるシニアが増えるのは、当然のなりゆきです。

そして、株式の購入をし、
株式投信や公社債投信を選びます。

銀行や郵便局で、投資信託商品を買えるようになった手軽さも
購入の後押しをしています。

この場合、特に女性は、短期間で売買を繰り返すというより、
長期に保有し、安定したリターンを得たいと願っています

分配型投信商品の売れ行きが好調な理由は、この安定感でしょう。

とはいえ、すでに投資家としてある程度の経験を積んだシニア女性も
少なくありません。
自分の判断で、長期のトータルリターンを見据えて
分散投資をしていくでしょう。

団塊世代の退職金の行方を左右するカギを握っているのは、
彼女たちかもしれません。

●団塊世代とは
・狭義では、1947年から1949年に生まれた世代のこと。
・広義には、1946年から1950年に生まれた世代をさします。
人口統計上、5年刻みで言う場合。

【今日のポイント】
シニア女性は、投資信託を、長期安定リターンを求めて購入する。

【忘れてはいけないこと】
貯蓄の中で大多数を占めるのは、やはり元本保証型の金融商品です。
しかし、リスクタイプを増やす傾向は明らかです。
生活者は、金融の実践学習を次第に蓄積しています。


☆★☆…………………………………☆★☆…………………………………☆★☆


特別レポート「女性が嫌う店 7つのポイント~あなたのお店、好かれていますか」を作成しました。
今なら、無料で、お届けします(期間限定)。

女性が嫌う店には、ジャンルを問わず、共通点があるのです。

【申し込み】
この特別レポートをお読みになりたい方は、下記から申し込んでください。

姓:
名:
メールアドレス:

……………………………………………………………………………
この無料レポートを請求いただいた場合、
メールマガジン「ホンネの現場マーケティング★50代女性が買うとき」
マガジンID:176729に、河上多恵子が代理登録させていただきます。
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)

登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000176729.html

※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません

……………………………………………………………………………
トップページに戻る

| トラックバック(0)
◆◇投資信託~50代女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.