サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:ショッピング事情 > ◆◇消費税の表記~大人女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:ショッピング事情
◆◇消費税の表記~大人女性の消費行動◇◆ 2014.10.02

買い物をしていざ代金を払うときに、ちょっと戸惑うことがあります。
消費税8%の表記が、店によって違うからです。

スーパーで、セール399円!とあっても、
これは税抜き表示で、実際に払うのは431円。
安くないじゃないの、ちょっとがっかり。
しかし、例えば駅ビルにテナントで入っているような店では
日替わり特別400円が、税込みということもあるのです。

ホールケーキを1個買うような場合は、
税抜きでも税込みでも、「あ、そうよね」と思います。
が、多数の品をカゴに入れて最後に清算するとき、
5000円以下かなと心づもりのところ、5000円を超えると、あれっとなります。

実際に払う金額をはっきりと表示してもらうほうが
消費者にはわかりやすくていいでしょう。
半端な数字では、8%の額をなかなか暗算できませんし。
売る側の「これは税金です」
と言いたい気持ちもわかりますけれどね。

ネットであれこれのショップを見ると、やはり、税の表記はまちまちです。
なかには、税についてわかりやすく書かれていない場合もありますよ。

ディナーコース8000円とだけあるのは、税込みか否か?
税抜きならば支払いは8640円です。
ちょっと無視できない金額ですよね。

主婦が財布の紐を緩めていないときに、
少しでも低い価格を見せたいのかもしれません。
でも、堂々と表示されているほうに、誠実さを感じるものなのです。


【今日のポイント】
税抜き表示は、消費者を戸惑わせる。


【忘れてはいけないこと】
消費税10%となれば計算は簡単、と言っている場合ではありません。 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
トップページに戻る



| トラックバック(0)
◆◇消費税の表記~大人女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.