サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:健康・美容 > ◆◇健康診断の基準値は?~大人女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:健康・美容
◆◇健康診断の基準値は?~大人女性の消費行動◇◆ 2014.04.17

人間ドック学会が健康診断の基準値を見直すと発表しました。

人間ドックを受診した多くの人たちについて調べたところ、
血圧やコレステロールなどの従来の数値を超えても
健康だったというわけです。

今回の新しい数値の特徴は、
男女・年齢によって数値の幅があり、一律ではないということです。

例えば、総コレステロール。
これまでは男女とも、140-199でした。
新基準では、 
●男性…151-254
●女性…30-44歳 145-238
女性…45-64歳 163-273
女性…65-80歳 175-280

コレステロールの値は女性ホルモンの影響が大きいからです。

これまでは、健康診断を受けた結果、
「コレステロールが相当高いから、食事に気を付けてください」
などとアドバイスされ、中高年の女性は気にしたものです。
なあんだ、正常値の範囲じゃないか、というわけです。
これまでも、閉経後コレステロールが少々高くても大丈夫と、
密かに言われたりしたのですけれどね。

ただし、肝機能の数値は、このところ従来より厳しくなっています。

とはいえ、
この新基準が健診施設ですぐに活用されるかどうかはわかりません。

いったんしみこんだ考え方は
医師といえども、急には変わらないものです。


【今日のポイント】
健康診断の基準値が男女で、年齢によって変わった。


【忘れてはいけないこと】
矢野経済研究所は、健診・人間ドック市場規模を、
2012年度以降、9,100億円前後のほぼ横ばいで推移するものと
予測しています。


トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇健康診断の基準値は?~大人女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.