サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:ライフスタイル > ◆◇ペットの看護~大人女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇ペットの看護~大人女性の消費行動◇◆ 2014.01.23

全国で、犬は1087万頭、猫は974万頭、飼育されています。
「平成25年度 全国犬・猫飼育実態調査」から
(一般社団法人 ペットフード協会、2013年12月発表)

猫は横ばい、犬は減少傾向です。

飼育世帯率は、 犬15.8%、猫10.1%
しかし、
50代 -- 犬20.0%、猫11.8%
60代 -- 犬16.4%、猫10.9%

中高年のお宅では、若い世帯より
犬や猫を飼っているケースが多いのです。

子供が「絶対に面倒見るから飼いたい」と言うので承知したら、
その子はさっさと進学、就職で家を離れ、
結局世話をしているのはシニアになった親、
ということがよくあります。
子供が独立した後、「寂しいから」と、飼い始めることもあります。


平均寿命は、犬全体で14.2歳、猫全体で15.0歳。
栄養や医療状況は良くなっていますから、
20歳の老犬、老描も珍しくありません。

ともかく、ペットは家族ですから、
病気になれば看病し、年をとれば介護もします。

ただ、飼い主も高齢化して、
ペットの世話がままならなくなる例も見られます。
連れ合いが倒れ、ペットまでは手が回らない事態も起こります。

老犬・猫ホームがポツポツ出ていますが、
必要性は今後さらに高まるでしょう。


【今日のポイント】
老犬、老描の看護が家庭内から外へと次第に移る。


【忘れてはいけないこと】
2011年、動物看護師統一認定機構が設立され、
2012年に、初めて統一資格試験が実施されました。
2015年度に動物看護職の公的資格化を目指すとしています。
 
 
 


 
 
 
 
 
トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇ペットの看護~大人女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.