サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:衣食住  > ◆◇住まいの防犯~大人女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇住まいの防犯~大人女性の消費行動◇◆ 2013.03.14

住宅への空き巣狙い件数は、平成15年以降、減少。
そして検挙率は上昇しています。

しかし「それなら安心」というわけにはいきません。
侵入の手口が大胆になっていると思われるからです。

例えば、こんなことがありました。
昼間、留守中の家に、軽トラックで乗りつけ、
エアコンを外し、エアコンと室内の金庫を盗んでいった。
近所の人たちは、工事しているとしか思わなかったでしょう。
下調べしたうえで、実行に及んだもとのみえます。

その地域では、自治会が防犯活動として、
防犯カーを出して巡回しているのですが、
泥棒は泥棒としての対策を行っているということです。

実際被害にあうと、
「怖くて不安で」外出できなくなると聞きます。

一般的な鍵の話などではなく、具体的な手口などのこんな情報が
ご近所さんとの付き合いの中で伝わっていきます。
印刷物で防犯対策のあれこれを見てもピンとこないのですが、
具体例を聞くと、にわかに身近に感じられるものです。

昔なら井戸端会議、今ならいわゆる地域コミュニティがあるかどうかが、
防犯には重要なポイントでしょう。


【今日のポイント】
住まいの防犯意識はクチコミで強まる。


【忘れてはいけないこと】
行政やメディアの持続的な啓発も、もちろん必要です。
 
 
 

 
 
 
 
 


トップページに戻る



| トラックバック(0)
◆◇住まいの防犯~大人女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.