サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:ライフスタイル > ◆◇2013年に向けて◇◆
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇2013年に向けて◇◆ 2012.12.27

「1年はあっという間」とは、
年齢を重ねるほど実感されるようです。
あなたにとって、2012年はどんな年でしたか。

電通総研の
「2012年生活者が選ぶ話題・注目商品」によれば、
1位 スマートフォン
2位 東京スカイツリー
3位 Facebookなどの実名登録制SNS
4位 ロボット掃除機
5位 塩麹
6位 スギちゃん
7位 地方ゆるキャラ

先端技術と足元の知恵がないまぜの状況が現われていますね。

さて、今年、
山中教授のノーベル賞受賞、
ロンドンオリンピックでの日本人選手の活躍など
嬉しいニュースはありました。
が、他方
デフレは相変わらず、
パナソニックやシャープは苦境にあり、
東日本大震災からの復興は遅々として進まず、
といった事実があります。

そのなかで、
大人の女性は、メリハリ消費をしながら
日々の暮らしを送ってきました。

2013年もこの傾向は続くでしょう。
無駄使いはしないのですが、
なるべく心楽しい時を過ごしたいので、
そのための出費は大胆にします。

それは、例えば
美味しいお茶やお菓子、
気持ち良いインナーにシューズ
趣味に必要な高価な道具にレッスン
お花見に新名所巡り、
志向の明確な海外ツアー、
孫がいれば孫たちとの会食や娯楽、教育。

将来の不安といえば、自分の健康ですから、
健康を保つための費用はもちろん織り込み済み。

もう老後に近いにもかかわらず、
“老後”の経済状況が心配なので、
貯蓄を大幅に取り崩すことはしませんよ。
手堅い投資はしますけれど。

それでも、今が大事という決意のような心情は強まっています。

【今日のポイント】
「今が大事」。心楽しい時のための消費が強まる。


【忘れてはいけないこと】
陰には、介護や闘病の問題もあります。




トップページに戻る



| トラックバック(0)
◆◇2013年に向けて◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.