サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 団塊女性のライフスタイル > ◆◇ルポ編 ある離別◇◆
団塊女性のライフスタイル
◆◇ルポ編 ある離別◇◆ 2012.11.22


今日は、久々にルポ編です。

大人女性のライフスタイルを、人物に添って探り、
大人女性の生き方の典型をあぶりだしたいと思います。

では、始めましょう。

    ■  □  ■

還暦を過ぎたA子さんは、
33年間連れ添った夫と離婚しました。
子供はいません。
今は、引き取った実母との2人暮らし。

ここに至った経過はこうです。

夫が、別れたいと言い出した時の理由は、
「退職したら故郷に帰って、のんびり過ごしたい。
君はお母さんの面倒を見なきゃならないから、
ここにいるほうがいいだろ」。

何かおかしいと、A子さんは感じました。
結局、調査会社に依頼。
実は、夫には彼女がいたことが判明したのです。
何でも、ボランティア活動中に知り合った女性。

双方、弁護士を立てて交渉。
A子さんは慰謝料をとって、離婚に応じました。
住んでいるマンションは、夫との共同名義でしたが、
それも自分名義にするという条件。

「慰謝料、もっと多くと思ったけど、
弁護士さんが、最高でもそんなにはとれないと言うから」
調査にかかった費用を賄うくらいの金額で妥協したのです。

夫婦とも公務員でした。
夫は、ボランティア活動に必要だからと、給料の大半は自分で使い、
生活費はA子さんがほとんど負担していました。

A子さんも、その活動に少しは加わっていましたから、
「社会的な意義はあると認めていた」
「まあ、子供もいないことだし、金銭的にやれたのよね」。

その熱心に取り組んでいた活動から、夫が遠ざかったのは、
退職の10年ぐらい前。

「マイペース型の人だから、私は何も言わなかった。
考えてみれば、あの頃から次の生活を意識していたのかな。
私は私で、仕事と親の介護に追われていたし」

A子さん、母の小金も管理しながら
これからの自分の人生を考えています。


【今日のポイント】
退職時に夫が家を出ることもある。

【忘れてはいけないこと】
住まいと生活費の確保ができているケースです。






トップページに戻る



| トラックバック(0)
◆◇ルポ編 ある離別◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.