サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:ライフスタイル > ◆◇被災地支援の気持ち~大人女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇被災地支援の気持ち~大人女性の消費行動◇◆ 2012.09.20

東日本大震災から1年半が過ぎました。
今も34万人にのぼる方々が避難生活を送っている、
という報道に、胸が痛みます。

とはいうものの、
直接現地に赴いてボランティア活動をすることは
なかなかできない。
東北から遠い地域ではなおさら。
これが、おおかたの中高年女性の心境でしょう。

何か支援としてできることはないものかしら、
とは思っているのです。
で、実際こんな例を聞きます。

<出かける>
・仲間うちでの毎年の恒例旅行を東北にした
・大会に参加するついでに、足を延ばして東北観光をする

<買う>
・スーパーで、できるだけ福島産の野菜や果物を選ぶ
・ネット通販で、被災地のもの、例えば海産物や調味料を取り寄せる
・宅配生協で支援パックを買う
・東北各自治体が開いているアンテナショップでいろいろ買う
・被災地支援ファンドに出資する

<寄付>
・サポーターとして、定期的に寄付する

<手助け>
被災地の子供たちを招くイベントの手伝いをした


「微力で」と、申し訳ないような気持ちは
常にあります。

どんなことをしているのか、できるのかといった情報は、
最初の1人は、ネットで知ったとしても、
友人、知人の間で回っていきます。

【今日のポイント】
被災地支援の気持ちを少しでも具体化したいし、できるときはする。


【忘れてはいけないこと】
被災地の状況に関して、報道は減りました。


 
 
 
 
 
 


 トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇被災地支援の気持ち~大人女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.