サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 著書の紹介 > 新刊    学研新書『始めよう! 「定年塾」』
著書の紹介
新刊    学研新書『始めよう! 「定年塾」』 2012.03.24

河上多恵子の新刊のお知らせです。

『始めよう! 「定年塾」~ 老後を充実して生きるためにやっておくこと』

学研新書 840円(税込み)

50代以上の男性向けに、
定年後を上機嫌に暮らすための方法を
Q&Aと25のショートストーリーとデータでまとめました。

従来の“定年もの”の書物は、
男性側からの心構えを説くもの、
女性側からの要望を声高に言うもの、
定年後の暮らし方のルポ、年金等のガイド集が主でした。
今ひとつ当事者の心理に響くものではないように思われます。

本書では、気持ちのひだに分け入るような具体的項目を挙げて、
楽しくも厳しく現状の確認を促します。
そして、さまざまな物語を通じて、解決策をアドバイスし、
人生後半戦を夫婦ともに生きていくためのエールとします。

【定年力】
定年後を心豊かに暮らすために必要な能力を「定年力」とし、
五つのフィールドで構成しました。

・「つながり力」 趣味、地域での暮らし方や友人の問題、
・「経済力」 仕事や年金、家計の問題、
・「健康力」 自分自身や家族の健康問題、
・「始末力」 相続や身辺整理の問題、
・「夫婦力」 夫婦の関係や子供の自立の問題



働き続けてきた女性にもお読みいただきたいと思います。

 
 


トップページに戻る


| トラックバック(0)
新刊    学研新書『始めよう! 「定年塾」』のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.