サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 関連データ > ◆◇データ編 東日本大震災時の寄付◇◆
関連データ
◆◇データ編 東日本大震災時の寄付◇◆ 2011.09.01

公的な機関が出している調査報告は、
時系列で、手間ひまかかっているモノが多く、利用しないともったいない。
しかも、この数値が、様々な施策の基礎資料になるのですから、
押さえておくべきなのです。

少しまとめてデータを紹介します。

 *──────────────*

今日は、
「東日本大震災に際しての寄付アンケート」調査結果からです。

「財団法人 関西社会経済研究所」が、2011年8月23日に発表。
調査は2011年6月。
(住民基本台帳に基づく人口、人口動態、世帯数により割付)
インターネットアンケート。
有効回答 998人。

●回答者の属性
・平均世帯所得――――――503.6万円
世帯所得の中央値―――-400.0万円


●寄付をしたか
した―――――――79.4%
しない――――――20.6

8割もの人が寄付をしています。
大地震、津波が全国の人に、
いかに大きな衝撃を与えたのかがうかがえます。

●寄付金額(した人)
平均――――――11,899円
中央値――――――3,000円

●世帯所得別の1人当たりの寄付金額
0~249万円――――――――-4,969円
250万~499万円―――――-―8,939円
500万~999万円―――――-―9,635円
1000万~1999万円―――――44,552円
2000万円以上―――――――34,500円

世帯所得が250万未満でも、約5000円の寄付。
1か月の収入が20万8000円の家庭で、5000円ですよ。
これまでの募金とは桁が違いますね、明らかに。

世帯所得が1000万円を超えると、寄付金額がぐっと多くなります。
でも、2000万円以上では、
1000万円台の家庭より少ないのはどういうわけでしょうか。
もっとも、この所得がある階層のサンプル数は少ないので、
これだけを見て、金持ちはケチとはいえません。

●世代・性別の1人当たりの寄付金額
            男性       女性
20~29歳――-―9,293円―――22,372円
30~39歳――-―8,904円―――-5,996円
40~49歳―――26,046円――-―7,138円
50~59歳―――10,469円――-―7,157円
60歳以上―――12,880円―――10,964円

家計に余裕がないのか、30代の寄付金額は全世代中、最も少額。
20代女性の突出ぶりが目立ちます。
若い彼女たちは共感性が高いというべきでしょうか。


【今日のポイント】
8割が大震災のときに寄付をした。


【忘れてはいけないこと】
寄付以外にも、物資の送付やボランティアに行く等、
さまざまな活動が行われています。




トップページに戻る



| トラックバック(0)
◆◇データ編 東日本大震災時の寄付◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.