サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:ライフスタイル > ◆◇スマートな暮らし方~50代女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇スマートな暮らし方~50代女性の消費行動◇◆ 2011.01.06

2011年最初のお届けですので、
ちょっと概括的なお話しをしましょう。

スマートフォンにスマートグリッド、
スマート・シティ、スマート・コミュニティ、
スマートとつく言葉をよく見かけるようになりました。

スマート自体の意味は
賢い、効果的、情報処理機能をもつ等です。

コミュニティもこの頃頻繁に登場しますが
くっつくと一体どう意味?

経済産業省が提唱しているのですが、
定義は、
「スマート・コミュニティとは、
サステナブルな社会を実現するために、
電気の有効利用に加え、
熱や未利用エネルギーも含めたエネルギーを
地域単位で統合的に管理し、
交通システム、市民のライフスタイルの転換などを
複合的に組み合わせた地域社会のことである」。

ごくおおざっぱに言えば
石油に限らず太陽や風などのエネルギーも効率的に使い、
そこに住む人々が、身の丈に応じた暮らし方をできるような地域
をつくりたいということでしょうか。

もちろん、経産省の狙いは、
二酸化炭素排出を削減することや
新しい事業の創出を促進することにあるのでしょう。

住人側から見れば、
無駄を省いて賢く消費、
安定した生活をおくれる地域を目指すということ。

さらに身近な家計からいうなら
節約一辺倒でもなく、浮かれた無駄使いでもなく、
社会全体の動きにも目配りしながら、
めりはりのあるお金の使い方をして
心豊かな暮らしをしたいわけです。

スマートな暮らし方、スマートリビングとでもいいましょうか。

「何をいまさら、そんなこと、もうしてるわよ」
これが、ミドルシニアエイジの女性たちのホンネ。

もったいないの精神はもちつつも
自分が大事と思うことには散財するのです。
ペット、旅や趣味、スポーツ、健康美容は外せません。

このところ、家族や絆が標榜されていますが、
ミドルシニアエイジのキーワードは“潜在的大家族”でしょうね。


【今日のポイント】
今年はスマートな暮らし方をさらに追及する。
 


【忘れてはいけないこと】
エコや社会貢献の意識は刷り込まれています。


 
…………………………………………………………………………
【お知らせ】
私、河上多恵子が、
「食活ジャーナリストの会」シンポジウムのパネリストになります

●テーマ 
「食メディア」にウソはないか!?
――いま、食の情報を正しく伝えるために――

●日時 2011年1月23日(日) 14:00~16:30 

●会場 東京ウィメンズプラザホール (東京都渋谷区神宮前)

●参加費 1000円(税込)

食生活ジャーナリストの会(JFJ)は今年20周年を迎えます。
ここで原点に戻って、情報を伝えるとは、その意義を問うのです。
JFJ会員がそれぞれのメディアの立場から、率直に語ります。

 <パネリスト>
・『朝日新聞』生活情報部記者 長沢美津子
――記事の役割と壁

・『栄養と料理』編集長 三保谷智子
――食品と健康の正当な関係

・農産物流通コンサルタント 人気ブログ主宰 山本謙治
――ネット上での情報発信がもつ意義と課題

・フリーランス食生活ジャーナリスト 河上多恵子 
――情報無料化のなかで

<コーディネーター> 
食生活ジャーナリストの会代表幹事 佐藤達夫

質疑応答の時間もたっぷりありますから
ぜひ聞きにきてください。

●申し込み
JFJ事務局メール  jfj-shoku@t-net.ne.jp 
 
 
 
 
 トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇スマートな暮らし方~50代女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.