サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:衣食住  > ◆◇繊維リサイクル~50代女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇繊維リサイクル~50代女性の消費行動◇◆ 2010.06.24

家庭の箪笥には洋服が詰まっているとは
以前から言われています。

何かを箪笥から除外しない限り
新しくは買わない、買えない状態です。

少し前、洋服や靴などの下取りセールが活況を見せたのには、
こうした背景がありました。

今、洋服やシーツ等のリサイクルが本格的に始まろうとしています。

一つは、日本環境設計が事務局となり、
大手小売り6社が参加する「FUKU-FUKUプロジェクト」。
2010年6月にスタートしました。
綿繊維をバイオエタノールとして再生する新しい技術を中心に
年に数回、回収して、
衣料品の100%リサイクルをめざしています。

参加は、
丸井グループ、良品計画、
アメリカ屋、イオンリテールセルフサービス事業部
エドウィン、らでぃっしゅぼーや。

すでに、ユニクロのファーストリテイリングは
通年で回収しています。

リユースビジネスも活発化。
つまりは古着の販売を組織化するのです。

紳士服の青山商事やコナカが
ファッションリユースの会社と提携しています。

資源を有効活用する機運が高まっているのでしょう。

「もったいない」精神を持っている日本では、
定着しそうです。

タンスのこやしをタダ捨てるのではなく、
何かの役に立てたいと、
とくに中年女性は思っています。
 


【今日のポイント】
繊維のリサイクル、古着の活用がビジネスとして本格的にスタート。
 


【忘れてはいけないこと】
家庭内で手仕事として衣類のリフォームをする
などということは下火です。


 
 
 
トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇繊維リサイクル~50代女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.