サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:健康・美容 > ◆◇エコナ問題~50代女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:健康・美容
◆◇エコナ問題~50代女性の消費行動◇◆ 2009.09.24


花王は、2009年9月16日、
「エコナクッキングオイル」などエコナ関連商品を
一時販売自粛・出荷停止をすると、発表しました。

エコナはトクホ(特定保健用食品)の認可を受けています。
「体に脂肪がつきにくい」という表示がされ、
中性脂肪値を改善するオイルとして、人気を博した商品です。

クッキングオイルのほかに、揚げ油、
ドレッシングやマヨネーズタイプの調味料、
ヘルスラボドッグフードにも使われています。

今回の措置の理由は、 
花王の発表によれば、次のとおりです。

少々長いのですが、概略を引用します。

「… エコナクッキングオイルには
グリシドール脂肪酸エステルが含まれいます。
グリシドール脂肪酸エステルは油脂の製造工程で生成されるものです。

グリシドール脂肪酸エステルについては、現時点までの情報、調査からは
安全性への懸念を明確に示す報告はありません。
しかし、グリシドール脂肪酸エステルの安全性に対する不安を
お持ちの方が一部におられます。
(略)
安心してお使いいただけるレベル(一般食用油と同等レベル)に
低減できるまで、一時販売自粛・出荷停止をします」


新発足した消費者庁からは、下記の情報が出されています。

「グリシドール脂肪酸エステルが
遺伝毒性をもつ発癌物質かどうかのデータはない。
体内で消化されると、グリシドール脂肪酸エステルが分解されて
グリシドールができる可能性がある。
グリシドールは、
国際癌研究機関(IARC)によって、
「人に対し発癌危険性あり」(2A群)と分類されている」

さらに
「食品安全委員会で、グリシドール脂肪酸エステルに対して
健康への悪影響の有無を評価している」


つまりは、こういうことです。

明確なデータはないけれど、
エコナに含まれる成分が通常の食用油より多く、
それが体内で発癌物質になる可能性がある。

花王はその成分の量を低下させられるまで販売自粛、
行政は、健康への影響を調査中。


エコナは新しい市場を開拓したビッグ商品です。
それが、出荷停止ですから、
消費者は、エッと思いました。

特に中高年の主婦は
けっこう買っていましたからね、
ショックでしょう。

なんで今頃?
最近ヨーロッパで、
グリシドール脂肪酸エステルについて、安全性が議論されているから
花王が改めて分析したのです。


これまでの製品がクロと決まったわけではないようですが、
いったん信頼感が崩れると
ブランド価値はそこなわれますよね。

今後の展開を見たいと思います。


【今日のポイント】
エコナ販売自粛は、中高年にショックを与えた。

 
 


【忘れてはいけないこと】
消費者も
含量など、数の概念をもつことが必須です。
 
 
 
 
トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇エコナ問題~50代女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.