サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:ショッピング事情 > ◆◇資産もち~50代女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:ショッピング事情
◆◇資産もち~50代女性の消費行動◇◆ 2009.06.25


日銀は、景気判断を「下げ止まりつつある」に変更しました。
株価もやや持ち直してきたようです。

ここで、家庭の資産を押さえましょう。

2007年家計調査によれば(2008年8月発表)
1世帯当たりの貯蓄は
●世帯主が50歳代――1378万円  
  そのうち、株式や投資信託、債券などの有価証券――181万円
  貯蓄のうち13.1%が、元本が保証されないリスク性あり商品

●60歳代――1714万円 
有価証券――232万円
  13.5%がリスク性あり。

「貯蓄から投資へ」の流れのなかで、
株式や国債を購入したミドルエイジ女性はけっこういます。

この大不況で、資産は目減りしたのですが、
もともと、平均して貯蓄の13%程度しか投資していないのです。
大きく損を出したわけではありません。

見逃せないのが、退職金。
50代後半の女性のなかには、
夫はすでにリタイア、退職金を手にした人もいれば、
もうすぐという人もいます。

退職金の平均については、調査結果が公表されています。

●大企業の場合
従業員1000人以上、資本金5億円以上
・大卒 事務・技術――2660万円
・高卒 事務・技術――2304万円
・高卒 生産―――――2158万円
 (厚生労働省 平成19年 隔年調査)

●中小企業の場合
従業員10人から299人
・大卒――――1225万円
・高卒――――1130万円
 (東京都 平成20年) 

大企業と中小企業の差は大きいのですが、
ともあれ、まとまった金額です。

こうしてみると、
なかなかに資産をもつ中年世帯が多いことがうかがえます。

個人消費は縮んだままといわれますが、
こうした世帯で財布の紐を握る女性たちの動きに注目です。


【今日のポイント】
資産持ちの世帯が、財布の紐を緩め始める。


【忘れてはいけないこと】
今までのように、高級ブランドをデパートで買うかどうかは
別問題です。



トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇資産もち~50代女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.