サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:健康・美容 > ◆◇ヘアカラーリング事情◇◆
大人女性の消費行動:健康・美容
◆◇ヘアカラーリング事情◇◆ 2009.04.24

女性にとって、髪はいのち、というほどでもありませんが、
女性はやはり、髪について大いに気にしています。

女性に髪の悩みを聞けば、
30代半ばぐらいから、「白髪がある」が登場し、
50代にもなれば、大半が、白髪についてです。

白髪は老化の現れですからね、
ミドルエイジの女性は、白髪を隠したいと思います。
ただ隠すだけでなく、できればオバサンぽくなく、おしゃれにしたい、
で、髪を染めることになります。


どこで染めるのでしょうか。

・美容院で染めてもらう、
・市販のヘアカラーリング剤を使って自宅で染める、
・美容院と自宅の両方

この3通りですが、
中年以降の女性の場合、主流は、美容院を主体に少し自宅でケア。

まず美容師さんにしっかり全体を染めてもらうのです。
すべて自分ですると、染めムラができたり、
衣服や床に、染料がついて汚れてしまうこともありますから。

部分的に、自宅でケアする場合、
多種多様のヘアカラーリング剤のなかから、
色の好みや香り、使いやすさで選びます。

髪が傷むことを心配して、
「トリートメント効果」などの表示にひかれたりもします。

不満は
「どういう色に仕上がるか、実際にやってみないとわからない」

「少量のサンプルサイズがあるといいのに」
「口紅みたいに、お試しコーナーのあるショップがあったら」
ヘアカラーリングにもこんなニーズはあります。

さらに、
「長く染め続けると、体に悪い影響はないだろうか」
という不安もあります。

なかにはアレルギー症状を起こす人もいますから、カラー剤には
「必ず、パッチテスト(皮膚アレルギー試験)をしてください」と、
説明書には書かれていますが、
そうする人は少ないでしょうね。

【今日のポイント】
白髪染めは、50代女性には欠かせない。


【忘れてはいけないこと】
白髪のほかに、
「髪が細くなった」「薄くなった」悩みもあります。


 
 

* ~ * ~ *

「ホンネの現場マーケティング★50代女性が買うとき プレミアム」
略して 「ホンマケ50プレミアム」を創刊しました。

データとともに、きめ細かに詳しく解説します。

最初の1カ月間分は、無料お試し。2カ月目から、有料になります。

その後の解除も自由です。


サンプル版がありますので、ご覧になって登録してください。

 
 


 


 
 
  


トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇ヘアカラーリング事情◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.