サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:衣食住  > ◆◇食問題編 「地産地消」JAの直売所◇◆
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇食問題編 「地産地消」JAの直売所◇◆ 2009.02.05


食べものを考えるシリーズをスタートさせることにしました。

食べることは生きることです。
将来、安心して食料を手に入れられるでしょうか。

真剣に考えなくてはいけない問題です。
まず知ることから、すべては始まります。

*…*…*…*…*

今回は、「地産地消」の2回目、JAの直売所についてです。

「食生活ジャーナリストの会」が開いたシンポジウム「地産地消を検証する」、
パネリストの「JAはだの」代表理事・組合長の松下雅雄氏の
講演からピックアップします。

*…*

神奈川県秦野(はだの)市は丹沢山地の麓に広がる地域で
そこの農業協同組合が、JAはだの。

地産地消を推進するために、
2002年、ファーマーズマーケットとして「じばさんず」をオープン。
地元の農家が栽培した野菜を、
消費者に直接販売する大型農産物直売所です。

*じいさんばあさんではなく、地場の産物の複数形を意味する名前。

550戸の農家が参加、消費者の支持を得て、
2008年の売上は9億円に達しています。

種まき、施肥、農薬散布、値付けなど一切、農家の自由ですが、
食材、食品の安心・安全は当然のこととして、
要求しています。
栽培日誌の記入は義務で、抜き打ち検査も実施。

漁協との連携も行い、
じばさんずに、週1回出店してもらっています。

都市型農業への理解を得るために、
市民に農地を「さわやか農園」として提供も。

ただ、安心・安全の裏付けにコストがかかります。
例えば、キャベツなどの検査は1件2万円。

今後は、
丹沢の緑を守るというような環境への貢献をするポイント制も
導入したいと検討中。

*…*

特徴のある取り組みをしている農協は?と
農協の全国組織におたずねして
紹介されたのが、この「JAはだの」です。

市をまきこんで「農民塾」を開き、農業者養成にもつとめているという
積極的事業展開を行っています。

松下さんのお話で印象的だったのは、
「消費者から直接感想が聞けるから、農家も張り切る」
「そして地域が活性化してゆく」という発言です。

そうでしょうね。


【今日のポイント】
JAが開く農産物の直売所が核となっている。


【忘れてはいけないこと】
遠方のJAとの連携も行われています。

トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇食問題編 「地産地消」JAの直売所◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.