サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:衣食住  > ◆◇食問題編 地産地消◇◆
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇食問題編 地産地消◇◆ 2009.02.03


食べものを考えるシリーズをスタートさせることにしました。

食べることは生きることです。
将来、安心して食料を手に入れられるでしょうか。

真剣に考えなくてはいけない問題です。
まず知ることから、すべては始まります。

*…*…*…*…*

今回は、「地産地消」についてです。

食生活ジャーナリストの会のシンポジウム「地産地消を検証する」で、
パネリストの五明紀春(ごみょうとしはる)氏が発言された内容から。
*五明先生は、女子栄養大学教授・栄養学部長・農学博士。

講演からピックアップします。

*…*

先ず確認したいのは、日本の食材の豊富さは世界一であるということ。
地理的な条件、四季があり雨が多い気象条件による。

地産地消は自給率の問題である。
この自給率が低下している。

地産地消は空間的にとらえられているが、
時間軸で考えることも必要。
つまり歴史から学ぶ伝統に着目しよう。

日本人の遺伝子に適合した食生活はどういうものか。

日本人の遺伝子は飢餓には強いが飽食には弱く、
アメリカに住む日系2世の間では、栄養不適応問題が深刻。
遺伝子が日本型で食事は非日本型のため、
糖尿病者が多い等。

ごはん、おかず2つ、汁物というセット食=定食が
日本型食の特徴で、欧米はアラカルト式。

ごはんは八方美人で、おかずの味を遮断するから
外来の食材を取り入れることもできた。
この定食は、セイフティの高い様式。

子供たちに、この食の様式を伝えることが重要。

日本食の意味を問い直すことが、地産地消の出発点。
「地産地消」は、自分たちの食べ物を考える
精神性の高いキャンペーンと考える。

*…*

食べ物を輸入しておきながら、一方で多く腐らせるシステムのうえに
今の食生活が成り立っていることは確かです。
見直さなければなりませんね。

五明先生は、
経験に裏付けられた判断の眼を消費者がもつべきだと
言われます。
だれかに決めてもらいたいというような、
権威に頼る姿勢ではいけないのです。


ある大学生が、
「1日3食ということは誰からも教わらなかった」と言ったそうです。
栄養を学ぼうという学生が、です。
その親も朝食は食べないのです。

3回に分けて栄養を摂取する意味
ごはんとおかずを摂取する意味、

そんなこと今さら、と思わず、
基本から説かなくてはならない現状です。


【今日のポイント】
日本食の様式の意味を問い直すのが地産地消。


【忘れてはいけないこと】
1億2800万人の食を支えるには、安定的な輸入も必要です。

トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇食問題編 地産地消◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.