サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 関連データ > ◆◇データ編 糖尿病◇◆
関連データ
◆◇データ編 糖尿病◇◆ 2009.01.08


今日は、データ編です。

公的な機関が出している調査報告は、
時系列で、手間ひまかかっているモノが多く、利用しないともったいない。
しかも、この数値が、様々な施策の基礎資料になるのですから、
押さえておくべきなのです。

少しまとめてデータを紹介します。

 *――――――――――*

厚生労働省が毎年実施する「国民健康・栄養調査」。

平成19年11月実施の調査結果概況が、昨年末の20年12月に発表されました。
調査対象は全国3586世帯。


■糖尿病 全体数

・糖尿病が強く疑われる人------約890万人
・糖尿病の可能性が否定できない人--約1,320万人
・合計---------------約2,210万人

*今回4003人を解析した結果に、20歳以上の人口を乗じて推計

この2,210万人は、全体の25.6%にあたります。
つまり
成人の4人に1人は、糖尿病患者かその予備軍です。

5年前の平成14年は、22.8%
10年前の平成9年は、17.9%でした。

不健康な人が次第に増えていますね。


■糖尿病が強く疑われる人 年代別
◎男性
・20~29歳---1.1%
・30~39歳---3.0
・40~49歳---7.6
・50~59歳---12.1
・60~69歳---22.1
・70歳以上---22.6

◎女性
・20~29歳---0.0%
・30~39歳---0.5
・40~49歳---2.9
・50~59歳---5.6
・60~69歳---14.1
・70歳以上---11.0


■糖尿病の可能性が否定できない人 年代別
◎男性
・20~29歳---0.0%
・30~39歳---3.0
・40~49歳---11.0
・50~59歳---16.7
・60~69歳---17.3
・70歳以上---18.4

◎女性
・20~29歳---0.9%
・30~39歳---5.4
・40~49歳---10.4
・50~59歳---20.8
・60~69歳---18.2
・70歳以上---23.8


昔は成人病と呼ばれたこともあるくらいに
年をとると、増加していきます。
40歳を過ぎると、注意しなくてはなりませんね。

男性は実際に罹患している割合が高いのですから、
女性よりも気をつけなくてはいけません。


■糖尿病の予防や治療に関する情報源

「テレビ・ラジオ」が最も多く、
「新聞」、「雑誌・本」が続きます。
「友人・知人」、「家族」というクチコミがその次に挙げられます。

50歳~69歳の男性では、
「健診・人間ドック」と答えた割合が、「雑誌・本」よりも高いのが特徴です。

ふだん気にもしてなかったのに
健診で初めて指摘されたおじさまが多いということです。

同じ年代の女性は、健診を受ける機会が男性より少ないのでしょう。

【今日のポイント】
成人の4人に1人は、糖尿病患者かその予備軍。


【忘れてはいけないこと】
糖尿病になっても自覚症状はないことが多いのです。


トップページに戻る



| トラックバック(0)
◆◇データ編 糖尿病◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.