サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > コラム トナリの暮らし > ◎コラム トナリの暮らし   クリーニング代を節約するには
コラム トナリの暮らし
◎コラム トナリの暮らし   クリーニング代を節約するには 2008.12.19


 原油の値段が上がり、いろいろなところに影響が出ている。

クリーニング代も上がった。
ドライ用の溶剤もポリ袋もハンガーも石油製品。
集配に使う車のガソリンも石油。

有限のエネルギーに
こんなに依存しているのかと、改めて思わされる。

     ■ □ ■

 総務省の家計調査によれば、
2人以上の家庭の洗濯代は、1年で平均9000円足らず。

Mさんの場合、なかなかの衣装持ち。
夫のスーツを除いて、その5倍はかかっていた。 

 不景気は続きそうだし、お得意さん割引もコスト高で
廃止になったことだしと、
Mさんが考えた節約法。

それは、クリーニングに出さなければならないような洋服は
なるべく着用しないことだった。

特にダウンのような、自分で処置はできず、
しかもクリーニング代がとても高いものは目につくところにはおかない。
寒いとついつい羽織ってしまうからね。

 何着もあるオーバーは、今年の流行を考え、
これと決める。
ほかに薄手のトレンチ。
この2枚でコートはすませる。

 セーターはカシミヤ100%なんぞ、
普通のセーターよりケア代が高くつくから、
あれこれ着ないことにした。

同じ理由で、シルク製品もやめる。

 気に入っているジャケットは、革が部分的にあしらわれて
グッドデザインだが、
その分、クリーニングは手間代が余計に加わる。
この冬は他のもので代用。

 素敵でも綿100%のシャツブラウスはたんすの奥深くへ。
自分で洗ったらうまくアイロンがかけられない、という理由だ。

 じゃあ、いったい全体何を着るのかと問えば、
洗濯可のウール製品やアクリル混紡製品。
フリースも愛用。
綿ニットの重ね着もするようだ。


 家事が上手な友人から、
「あら、ウールのセーターだって自分で洗えるし、簡単よ。
そのほうが生地が傷まなくていいの」と聞いた。

が、下手に干すと型くずれをおこしてしまうし、
面倒なことはしたくないと言う。


 おしゃれはどうなる? 

「色で勝負よ。ストールを使うし、
しまっておいた昔の大きめブローチでも出してみようかな」。 


* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *


このコラムは、
Wife」に毎号、河上多恵子が執筆している「トナリの暮らし」を
そのまま載せています。

トップページに戻る


| トラックバック(0)
◎コラム トナリの暮らし   クリーニング代を節約するにはのトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.