サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 関連データ > ◆◇食問題編 どうなる日本の漁業◇◆
関連データ
◆◇食問題編 どうなる日本の漁業◇◆ 2008.11.20

食べものを考えるシリーズをスタートさせることにしました。

食べることは生きることです。
将来、安心して食料を手に入れられるでしょうか。

真剣に考えなくてはいけない問題です。
まず知ることから、すべては始まります。


*…*…*…*…*

今回は、「どうなる日本の漁業」

日本の漁業経営は厳しく、廃業も出ようかという現状です。
今後、魚を食べ続けることができるのでしょうか。

東京海洋大学 
海洋科学部・海洋政策文化学科 婁小波(ろうしょうは)教授の講演から。

  *…*…*…*…*

1、日本の漁業経営は三重苦
   漁獲量は減少し、魚の平均価格は下がり、漁業経費は上がっています

世界的に魚の需要が増え、
乱獲されました。
マイワシは減少していますし、
国際的にマグロなどは管理が強化されています。  

大漁貧乏と言われ、大漁の時には価格が下がり、
水揚げが少ないときにも、魚の価格は上がりません。

燃料の値段が上がっています。
漁業経営で油費は、
2002年 23% → 2006年 30%
(農林水産省 漁業経営調査報告書)

2、価格はなぜ上がらないのかといえば、
買う側が価格決定権をもつから

●普通の流通経路は

生産者→産地卸売業者→ 産地仲買人→ 
消費地卸売業者→ 仲買業者→ 小売業者→ 消費者

●なかには直接的な事例もあります

生産者→加工/冷凍業者、消費者団体 → 消費者


中間で手数料や差益が発生して、
生産者での価格は低いのに、消費者は高いと感じる価格になるしくみです

2005年の水産庁の調査では
生産者の受取額は小売価格の24%だけ。

つまり
小売り100円のイワシなら、生産者には24円いきます。
この24円から生産コストを引いた額が手取りです。
コストが上がれば、手取りは限りなくゼロに近づくことになります。


3、買う側というのは、多くは量販店
言い換えれば、量販店が価格を決めます。

量販店では、
定量、定質、定価、定時が条件で、
価格変動は好ましくないのです。
もっと言えば、安いほうがいいのです。


4、消費費者のニーズが変わり、コストが増加。
小口注文や、便利さを求めるようになり、
対応するために手間がかかり、
冷凍輸送や保管設備など流通コストも増えました。
そのしわ寄せが、漁業者にきています。

5、水産大国といわれる日本で
流通構造、消費構造が変わらなければ
漁業は持続できないでしょう。

長くなりますので、
ではどうすればいいのかという問題は、 
次回にお話しします。

実に根が深い問題で、農業より複雑です。

【今日のポイント】
流通経路のコストも生産コストも上がり、漁業者の取り分が減少した。


【忘れてはいけないこと】
今問題になっているウナギの蒲焼きなど、
水産加工品の輸入が増えています。

トップページに戻る



| トラックバック(0)
◆◇食問題編 どうなる日本の漁業◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.