サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:衣食住  > ◆◇留守中の気がかり~50代女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇留守中の気がかり~50代女性の消費行動◇◆ 2008.11.13

家族全員で旅行に出かけるとき、気になるのが留守中の自宅のことです。

空き巣にねらわれないか、
という防犯の問題が第一。

留守だとさとられないように、
照明のオンオフのスイッチをタイマーでセットすることはできます。

部屋の照明を携帯電話でつけたり消したり
一般的ではありませんが、今はそんなことも可能です。

でも、
手紙やダイレクトメールが郵便受けにあふれないかしら。

購読の新聞は一時的な配布中止を頼んでおいても
その通り実行されないことがあります。

鉢物の水やりはどうする?
庭の花は?

給水の道具を使っておいたはずが
帰宅してみたら枯れていた
という経験もありますしね。

犬や猫は、本当はペットホテルに預けたくない、
慣れたところが居心地がいいのだから。
エサやりと散歩をしてもらえないかしら。

ご近所の方に頼むことができればいいのでしょうが、
そういうお付き合いのない場合もあります。

地域によっては
毎日、郵便受けをチェックするような
こんな細々とした、でも当人にとっては重大なことをするための
ボランティア組織がつくられています。
低く設定されている手間賃を払えば、OK。

コミュニティを立ち上げることが、
なかなかスムーズにいかないケースも見られます。
立ち上げ方や持続のための支援、
それをサービスとして事業展開するビジネスもありますね。


【今日のポイント】留守中の気がかりなことを解決するのは
昔ならご近所同士、今は地域の組織。


【忘れてはいけないこと】年齢が上がるにつれ、地域へと目が向くようです。

 
 


トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇留守中の気がかり~50代女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.