サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:衣食住  > ◆◇衣替えの感覚~50代女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇衣替えの感覚~50代女性の消費行動◇◆ 2008.09.02


季節が移り変われば、衣類も変えなければなりません。

以前は衣替えをするということは
主婦にとって、かなり面倒な家事でした。

一部はクリーニング店に持参し、
それ以外は洗濯し、必要ならシミ抜きをし、
アイロンをかけ、
変なしわがつかないようにうまくたたんで
箱や衣装ケースに収納する。
このケースが重くて、出し入れするのに力も必要です。

家族分をこなそうとすると、
時間もかかりますし、
技術も要するものなのです。

今は1年中、クローゼットに掛けておく
季節に関係なく、引き出しにいれたまま
という人が増えました。

つまり、衣替えという家事はしない傾向です。

収納スペースの問題はありますが、
押し入れの中も
工夫次第で、洋服箪笥にできますからね。

綿製品を重ね着していけば、
寒暖の調節はできるし、
季節の変動もこのところ多いし…
何より、しまいこんだり出したりはムダだ、というのですね。

学校の制服は6月、10月にきっぱり切り替わるところが多いのですが、
普通はいつのまにか、
夏物から秋物そして冬物へ移行していきます。

衣替えの感覚も薄れているようです。


【今日のポイント】  
衣替えという家事は減る傾向にある。


【忘れてはいけないこと】  
着物の場合は、単衣と袷の切り替え時が
明確に残っているようです。


トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇衣替えの感覚~50代女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.