サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 関連データ > ◆◇データ編 消費生活(東京都)◇◆
関連データ
◆◇データ編 消費生活(東京都)◇◆ 2008.08.07

今日は、データ編です。

公的な機関が出している調査報告は、
時系列で、手間ひまかかっているモノが多く、利用しないともったいない。
しかも、この数値が、様々な施策の基礎資料になるのですから、
押さえておくべきなのです。

少しまとめてデータを紹介します。

 *――――――――――*

東京都が都政モニターに対して行った
「消費生活」アンケートの結果です。

「東京都消費生活基本計画」改定の参考にするために実施されました。

調査は2008年6月27日~7月3日、479人。


■消費生活での不安
  (3つまで選ぶ複数回答)

・食品の安全性――――――――――――85.4%
・食品・商品やサービスの適切な表示――49.3
・食品・商品やサービスの価格―――――42.2
・詐欺行為――――――――――――――29.9

表示偽装が発覚している時期だけに、
食品の安全性がトップに挙げられています。


■消費者トラブルの有無

悪質な訪問販売、キャッチセールス、
架空・不当請求等に自分や家族があったことがある
 ――――27.8%

けっこう多いですね。


■消費生活に関する相談先
(いくつでも選ぶ複数回答)

・家族・親戚―――――――――――――――53.7%
・東京都消費生活総合センターの相談窓口――48.4
・警察――――――――――――――――――42.0
・国及び国民生活センターの相談窓口――――41.5
・地元(区市町村)の消費生活相談窓口―――40.7
・企業の消費者相談窓口―――――――37.2
・友人・知人――――――――――――32.6
・販売店・セールスマン―――――――21.5


全体としては
先づは家族に相談するというのですが、
年代によって違うのです。

40代以下は、一番に、家族・親戚なのです。
50代は、都の消費生活総合センター
60歳以上は、地元(区市町村)の消費生活相談窓口が一番です。

都政モニターが答えていることを割り引いて考えても
興味深い結果です。


■効果的な情報提供の工夫

・テレビスポットCMや
 特定年齢層向けの雑誌・サイトを活用したPR活動
  ――――――48.4%
・車内吊りポスターや駅貼り広告等、
 交通機関への広報の充実
  ――――――38.8
・高齢者向け、若者向けなど、対象者を絞ったキャンペーン
  ――――――35.1
・パンフレット・チラシの配布部数や配布場所の工夫
  ――――――20.3
・ホームページを見やすくする等の工夫
  ――――――15.7


誰にアピールしたいのか、
狙いをはっきりさせた広報が求められています。



【今日のポイント】
食品の安全性に深い不安がある。


【忘れては行けないこと】
担当の行政機関や業務内容はまだまだ知られていません。


トップページに戻る


| トラックバック(0)
◆◇データ編 消費生活(東京都)◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.