サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:衣食住  > ◆◇ 和服を着る~50代女性の消費行動◇◆
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇ 和服を着る~50代女性の消費行動◇◆ 2008.03.25


「和」の再発見とでもいいましょうか、
古き良き日本を見直す風潮はとどまるところを知らず、
といった感じです。

ミドルエイジの女性は、機会をつくって着物を着ようとしていますよ。

昔買ったものを箪笥のこやしにしておくのはもったいない
母親から譲られた上等の着物がある
といった状況に、

時間的、精神的余裕が生まれた状況が合わさって
「着物、着ようかしら」
となるのです。

着物も柄や色に流行はあるのですが、
洋服ほど世間で騒がれないし、
昔のものでも違和感なく着こなせるのがメリットです。

体型をある程度隠しますし、
何となく上品にきれいに見せる効果がありますしね。

着物を着るために、歌舞伎を見に行くこともあります。
また別の紬を着るために、女性のお集りにも出かけて行きます。

そうした会場では、やはり和服姿は目立ちますし
「素敵ねえ」とほめてもらえます。

「着てあげないと、着物が泣くでしょ」
そう言いながら、手入れもします。

素早く着付けができるように、
着物に紐を付けたり、
帯を結んだ形に縫ったり、
簡便化の方策も、ひそかに広がっているようです。


【今日のポイント】
着物を着る機会をわざわざつくる。


【忘れてはいけないこと】
一から着付けを習う中年ミセスもいます。


| トラックバック(0)
◆◇ 和服を着る~50代女性の消費行動◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.