サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > コラム トナリの暮らし > ◎コラム◎ 映画館で映画を観る
コラム トナリの暮らし
◎コラム◎ 映画館で映画を観る 2007.05.01


あなたは、最近映画を観に行ったかしら。
それは邦画? 洋画? 

日本映画製作者連盟(映連)の発表によれば、
2006年、久しぶりに邦画の興行収入が洋画を超えたという。
観客数も公開本数も、その前の年より上昇。

シネマコンプレックスがあちこちにオープンし、
気軽に行ける機会が増えてきたことも寄与しているのだろう。

興味深いのは、平均入場料金が1233 円という事実。
1800円では観ていないお客がけっこういるということだ。

前売り券、1000円になるレディースデイ、
夫婦50割引(夫婦のどちらかが50歳以上なら2人で2000円)、
シニア料金など、いろいろ方法はある。

そもそも映画観賞が趣味という女性は多い。
ただ子育て真っ最中には、少し映画館から遠ざかり、
余裕ができる中年になって再び足を運び始める。

そういうときも、安く観る手立ては考えるものだ。

    □ ■ □

 ある主婦、子供たちが大学に行き始めて映画熱が復活。

東京、神田にある岩波ホールのエキプ・ド・シネマの会員になった。
ミニシアターのさきがけといわれる映画館である。
会費は2年で2000円。
前売り券1500円が1200円で買える特典が第一のお目当て。

だが、世界の埋もれた名画を上映するという、
会の趣旨を応援したい気持ちも充分にもっている。

 映画を観る日は、初回上映時間に間に合うように電車を乗り継いで行く。
関連書籍など販売されているが、そういう類のものは買わない。
その作品だけに浸りたいから。
帰りには、ちょっとコーヒーを飲む。

 近頃は、しみじみと味わい深い日本映画が観賞できて、満足している。


(Wife No.325 2007年5月付)



* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *

このコラムは、
Wife」に毎号、河上多恵子が執筆している「トナリの暮らし」を
そのまま載せています。

| トラックバック(0)
◎コラム◎ 映画館で映画を観るのトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.