サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 関連データ > ◆◇データ編 商品への不満◇◆
関連データ
◆◇データ編 商品への不満◇◆ 2008.01.22

今日は、データ編の第10弾。

公的な機関が出している調査報告は、
時系列で、手間ひまかかっているモノが多く、利用しないともったいない。
しかも、この数値が、様々な施策の基礎資料になるのですから、
押さえておくべきなのです。

少しまとめてデータを紹介します。

*――――――――――*

今回は、商品、サービスへの不満について。
国民生活センターが調査した「第38回国民生活動向調査」から。
(2008年1月9日発表)

大都市に住んでいる主婦(20~69歳)が対象。
2007年8月~9月に実施されたものです。

●この1年間で購入または利用した商品やサービスに不満を持ったり被害を受けた
 43.4%
 
2003年以降、毎年減少していたのですが、
2007年は前年より6.3ポイント増加しています。

●その商品やサービスは、
つまりワースト4は、
食料品(健康食品を含む)
外食
金融・保険
電気製品 

●苦情を伝えたり相談したのは、56.3%

これも前年より増加していますが、
それでも半数近くは不満があっても黙っているのです。

●苦情や相談の相手は
販売店やセールスマン------32.8%
メーカーに直接------ 25.9%
消費者団体------ 4.3%
(複数回答)

「メーカーに直接」が、次第に増えています。
今はネット環境が充実していますからね。
メールで伝える事例が増えているのかもしれません。

●法律の周知度(知っている割合)
クーリングオフ------80.3%
個人情報の保護に関する法律------36.7%
製造物責任法------17.9%

横ばいかやや減少です。
クーリングオフはともかく、
他の法律は趣旨を知らない人が多いのです。

*クーリングオフとは
消費者が一定の期間内に、契約を解除できる制度。
冷静に考える期間を与えるということです。
訪問販売や電話勧誘販売などの契約には適用されます。


【今日のポイント】
商品への不満をメーカーに直接伝える消費者が増えている。


【忘れてはいけないこと】
国民生活センターや消費者センターへの要望として最も多いのが
「商品の安全性に関する問題」。
消費者は商品の売り方よりも、商品自体の安全性を気にしているのです。

消費者に説明してわかってもらう努力が常に必要ですね。


---◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---

小冊子 第2弾 を作成しました。

「新富裕ミセスの消費心理 生き方編」
~時間とお金を持つ50代女性がマーケットを創る~

新富裕層の50代女性 その買い物ココロとは?

●新しく登場した富裕な主婦の消費心理は?
●財布の紐をゆるめるのはどんなとき? 
●どんなモノやサービスに心が動かされる?

好評メルマガをジャンルごとに分類、「生き方編」としてまとめたものです。

「おばさん」とひとくくりにしないで、消費心理を読みこんでください。
ターゲットをよく知ることが、ビジネスの基本です。

小冊子の内容 
■趣味・教養・娯楽 編
■ライフスタイル 編
■家族 編
■資産 編
■ルポ 編
 全部で42個のテーマがあります。
【価格 】     2000円(税込み) A5版 55ページ
【お支払い方法】  代金引換えで郵送します.

詳細・お申し込みは こちらからどうぞ


---◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---


★☆ メルマガに登録を ☆★

ここの記事は、メルマガ
【ホンネの現場マーケティング★50代女性が買うとき】
に連動しています。

週2回、お届け。

いち早くお読みになりたい方は、登録してください。

登録は、こちらからどうぞ。


……………………………………………………………………………
トップページに戻る

| トラックバック(0)
◆◇データ編 商品への不満◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.