サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 関連データ > ◆◇データ編 「社会生活基本調査」その2◇◆
関連データ
◆◇データ編 「社会生活基本調査」その2◇◆ 2007.08.28

今日は、データ編の第5弾。

公的な機関が出している調査報告は、
時系列で、手間ひまかかっているモノが多く、利用しないともったいない。
しかも、この数値が、様々な施策の基礎資料になるのですから、
押さえておくべきなのです。

*――――――――――*
前回の続きです。

5年ごとに実施の「平成18年社会生活基本調査」その2。

簡単に言えば、どんな生活行動をしているか、です。
今回の調査では、集計対象は約18万人。

*行動者数--過去1年間に行った人(10歳以上)の数
*行動者率--行動者数の10歳以上人口に占める割合(%)

■旅行・行楽■
全体では
行動者数 8660.7万人
行動者率  76.2%

5年前の平成13年に比べて、行動者率が低下しています。


★男性 50~54歳  75.8%
★男性 55~59歳 73.9%

☆女性 50~54歳  80.0%
☆女性 55~59歳  80.6%

女性の方が、行楽に出かけています。

このうち、海外観光旅行は
男性50代、8%前後
女性50代、10%前後


■学習・研究*仕事や学業は除く■
行動者数 3998万人
行動者率 35.2%

★男性 50~54歳  36.3%
★男性 55~59歳 32.7%

多いのは、パソコンなどの情報処理、商業実務・ビジネス関係


☆女性 50~54歳  37.0%
☆女性 55~59歳 33.4%

多いのは、家政・家事(料理・裁縫・家庭経営など)、芸術・文化


■ボランティア活動■
行動者数 2972.2万人
行動者率 26.2%

5年前の平成13年に比べて、行動者率が低下しています。


★男性 50~54歳  29.9%
★男性 55~59歳 26.6%

多いのは、
・まちづくりのための活動、
・自然や環境を守るための活動、
・安全な生活のための活動


☆女性 50~54歳 30.4%
☆女性 55~59歳 28.4%

多いのは、
・まちづくりのための活動、
・自然や環境を守るための活動、
・高齢者を対象とした活動

ちなみに、35歳~44歳の女性では、
子供を対象とした活動がもっとも多いのです。
女性は子育て中は、子供に目が向き、
その後、お年寄りに目が向く、ということですね。


【今日のポイント】
ボランティアは5年前に比べて減少したが、学習は増加。


【忘れてはいけないこと】
「社会生活基本調査」は、1976年(昭和51年)から、5年ごとに実施されています。
この調査は、2006年(平成18年)10月20日に実施。

用語が少々堅いのは、お役所ということもありますが、
30年前から続いている調査だから、ということもあります。
(時々、時代に合わせて変更はあります、もちろん)

生活時間の結果は、これから順次公表されます。


| トラックバック(0)
◆◇データ編 「社会生活基本調査」その2◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.