サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 関連データ > ◆◇データ編 家計調査◇◆
関連データ
◆◇データ編 家計調査◇◆ 2007.07.26


今日は、データ編の第3弾。

公的な機関が出している調査報告は、
時系列で、手間ひまかかっているモノが多く、利用しないともったいない。
少しまとめてデータを紹介します。

*――――――――――*
7月に発表された冊子、平成18年「家計調査」と、
5月発表の結果表(平成18年10~12月)からです。
(総務省統計局)

■勤労者世帯の収入と支出(2人以上世帯のうち勤労者世帯、1ヶ月平均)
実収入――――525,719 円 
世帯主の収入―431,284
手取り収入――441,448
消費支出―――320,231
黒字―――――121,217 

■貯蓄高(2人以上世帯)
平均―――1,722 万円
中位数――1,008万円

世帯主が50~59歳の全世帯では、平均―――1,772 万円
世帯主が60歳以上の全世帯では、平均―――2,443 万円
 *平成18年10~12月(農林漁家を除く)


■負債現在高(2人以上世帯)
平均―――506 万円

■エンゲル係数
全世帯平均 23.1 %
世帯主が50~59歳の世帯では、22.5 %

エンゲル係数 = 消費支出に占める食費の割合

■世代別の特徴
・世帯主が30歳代の世帯  幼児関連費が多い
・世帯主が40歳代の世帯  教育関連費、情報通信関係費が多い
・世帯主が50歳代の世帯  ペット関連費が多い
・世帯主が60歳代の世帯  旅行関連費、スポーツ施設使用料が多い
・世帯主が70歳代の世帯  タクシー代が多い


【今日のポイント】
世帯主が60歳を超えると、貯蓄高がぐっと多くなる。


【忘れてはいけないこと】
家計調査は、世帯を対象として、家計の収入・支出、貯蓄・負債などの毎月の調査。
毎年、まとめの冊子が刊行されていますし、
速報は随時公表されます。
目的は「国の経済政策・社会政策の立案のための基礎資料を提供すること」。
この数値が、様々に利用されているのです。



---◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---

小冊子 第2弾 を作成しました。

「新富裕ミセスの消費心理 生き方編」
~時間とお金を持つ50代女性がマーケットを創る~

新富裕層の50代女性 その買い物ココロとは?

●新しく登場した富裕な主婦の消費心理は?
●財布の紐をゆるめるのはどんなとき? 
●どんなモノやサービスに心が動かされる?

好評メルマガをジャンルごとに分類、「生き方編」としてまとめたものです。

「おばさん」とひとくくりにしないで、消費心理を読みこんでください。
ターゲットをよく知ることが、ビジネスの基本です。

小冊子の内容 
■趣味・教養・娯楽 編
■ライフスタイル 編
■家族 編
■資産 編
■ルポ 編
 全部で42個のテーマがあります。
【価格 】     2000円(税込み) A5版 55ページ
【お支払い方法】  代金引換えで郵送します.

ただ今 キャンペーン中!
詳細・お申し込みは こちらから


---◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---◆---


★☆ メルマガに登録を ☆★

ここの記事は、メルマガ連動です。

メルマガ「ホンネの現場マーケティング★50代女性が買うとき」では、
ここには載せない、気になる消費関連クイズも出題しています。
週2回、お届け。

いち早くお読みになりたい方は、登録してください。

登録は、こちらからどうぞ。


……………………………………………………………………………
トップページに戻る

| トラックバック(0)
◆◇データ編 家計調査◇◆のトラックバックURL
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.