サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 会社案内・業務内容 > 業務案内
会社案内・業務内容
業務案内 2012.01.01

 ■セミナー・講演・執筆

日本は、超高齢社会になろうとしています。
不安視することはありません。
中高年が成熟した大人の暮らし方をする社会になるのです。

そのためには、これまでにないような商品やサービスが必要です。

消費の決定権を握る女性の消費行動と心理を見つめることで、
新しい商品やサービス誕生の芽を探したいと思います。

特に「食と健康」にかかわる問題を重点においています。
食べることは、すべての暮らしの根幹をなすからです。

【講演テーマの例】
明快な語り口と確実な裏付けによる説得力を持ち味にしています。


●安心な食で健康に暮らすには
  健康でいたいと、誰もが願っています。ところが、毎日の食事内容には意外に無頓着。
思っているほどにはヘルシーでないことがよくあります。
どのように見直せばいいのでしょうか。安心して食べるにはどうすればいいでしょうか。

<話しの項目の例>――メタボにいたった食生活、買い方チェック、自分の基準を振り返る、
                食品のおいたち

●“体に良い”のウソホント ~ 怪しい健康情報の見分け方
  テレビやネット、雑誌には健康情報があふれています。
○○を食べれば痩せられる、△△をとれば血圧が下がる等々。
どこまでが真実で、どこからが真実でないのでしょうか。
科学的な根拠はあるのでしょうか。
情報に振り回されては、自分の健康を自分で守ることはできません。

<話しの項目の例>――粗食が長生きのもと? 赤ワインは心臓病に良い?
                野菜ジュースを飲めば野菜をとらなくても大丈夫?

●シニアに必要、大人の食育
 食育がブームです。子供たちへの食育も大事ですが、シニアにこそ大事です。
健康に長生きするためには、適正な食事をどうとるのかがポイントです。

<話しの項目の例>――どこからが肥満か、そもそも毎日とっているカロリーは、
                外食の選び方、飲酒、喫煙の影響

●節約と贅沢の使い分け~女性の消費行動・消費心理
  不況といっても、節約一辺倒ではありません。
  家計を握っている女性は、時々、贅沢をします。
  その贅沢とは。

         
●シニア女性が財布のひもを緩めるとき 
 老後を考えて、無駄にはお金を使わないシニアですが、
  今のシニアは、楽しみ方を知っています。
  若いころからの体験がそうさせるのです。


●潜在大家族がキーワード  
   子供が結婚して、家を出ると親とは別世帯になります。
   でも、子供は何かと親に依存し、親もそれをよしとしています。
   一見、別々の家族ですが、
   実は、潜在的には、大家族の様相を見せているのです。
   
   

●楽しく働く仕事術~時間は有限、思いは無限
   どうせ働くなら、楽しく働きたい。仕事を続けるうえで悩んでいませんか。
   どうすればいのでしょうか。
   
  <話しの項目の例>―― 仕事をするのは何のためか、将来は明るいか? 
                   「代わりはいる」  人間関係の悩みをほぐす

 


●ライフスタイル再発見~ 女性が起業する方法
  自分で事業を起こす女性が増えています。
  どうすれば、スタートできるでしょうか。


       
■コンサルティング

・ミドルエイジ女性・シニア女性向け商品の企画、評価、プロモーション
・ミドルエイジ女性・シニア女性向け媒体、会員組織の企画、活性化


 
【料金】

コンサルティング 単発の場合
基本は 90分、52500円(税込み)。


企画や講演、執筆、取材等、ご相談に応じます。
お気軽にご連絡ください。


メール 08shyoku@gmail.com
 
tel&fax 042-691-3201




トップページに戻る


COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.