サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 2014年12月
会社案内・業務内容
暮らしジャーナリスト 河上多恵子の活動 2014.12.30

strong>暮らしジャーナリスト
主婦マーケティングのスペシャリスト
(有)暮らしインスティチュート 代表取締役。
河上多恵子(かわかみたえこ)

1948年山口県生まれ。京都大学薬学部卒。
京都府、横浜市勤務後、サンケイリビング新聞社に入社。
女性のための生活情報誌の編集長を務める。
地域に暮らす女性にとって面白くて役に立つ記事を展開、
商品・サービスの送り手と受け手の良いコミュニケーションを構築する。
その後、リビング生活研究所(後にくらしHOW研究所)所長時代に、
責任者として発行した会員制月刊誌「くらしHOW」は、
きめ細かい調査と、女性の消費行動のうらにある
気持ちをすくいとった分析と予測が好評を博した。

2005年「暮らしインスティチュート」を設立。
女性の消費動向、消費心理を探求、発表してきた。

「食」について関心を持ち続け、
だれもが美味しくて安全な食事を楽しめる未来を願っている。

 詳しくはコチラ
会社案内・業務内容
2015業務案内 2014.12.30

暮らしジャーナリスト
主婦マーケティングのスペシャリスト
河上多恵子


社会が大きく変わろうとしています。
長い不況を耐え、大震災を経験して、
人びとは誰かにお任せではない暮らし方を選び、
毎日を大切に生きようとしています。
お互いに支え合い、心豊かに過ごしたいと願って営みを続けるでしょう。
これからが、成熟した大人の社会になる道のりです。

 詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇2014年から次へ~大人女性の消費行動◇◆ 2014.12.25

2014年、平成26年はもうすぐ締めくくりとなります。
ごく簡単に、この1年の大事件を振り返ってみましょう。

・4月に消費税が8%にアップ
・広島の豪雨、御嶽山の噴火、豪雪など自然災害が多発
・3000万件の個人情報がベネッセコーポレーションから流出
・青色LEDで日本人3氏がノーベル物理学賞を受賞
・STAP細胞は生成不能と結論
・円安続く

ノーベル賞受賞は明るいニュースでしたが、
その他はなんとなく不安をかきたてますよね。

中高年は「先が見えない」という感を深くしています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:趣味・教養・娯楽
◆◇やはり温泉~大人女性の消費行動4◇◆ 2014.12.11

一般に、マダムたちは旅行好きです。

夫婦で出かけることもあれば、
友達と、はたまた娘、娘一家、息子一家と行きます。
夫を見送ったり離婚したりして独身の場合は
夫の代わりに、姉妹と同行することもあります。

行先はいろいろですが、
旅の目的が、ちょっと日常を離れてリラックスすることにある場合、
国内ならば、やはり温泉の人気が高いものです。
日帰りではなく、1泊で。
温泉につかった後、
他人さまが作ってくれた夕食をゆっくり賞味するのが幸せ。
「極楽、ゴクラク」
泉質の効能が期待できそうな気がしますしね。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.