サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 2012年03月
大人女性の消費行動:健康・美容
◆◇美白化粧水~大人女性の消費行動◇◆ 2012.03.29

女性は肌のシミを気にします。
内心、加齢によるのだから仕方ないとは感じつつ、
でも、ケアをしなければ、ひどくなる、
とも思うのです。

そこで、美白化粧水を使います。
今は、手ごろな値段のものが、
ドラッグストアやホームセンターに多く出回っています。
そういう商品を買って、惜しげなく大量に使うのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
著書の紹介
新刊    学研新書『始めよう! 「定年塾」』 2012.03.24

河上多恵子の新刊のお知らせです。

『始めよう! 「定年塾」~ 老後を充実して生きるためにやっておくこと』
学研新書
  840円(税込み)

50代以上の男性向けに、
定年後を上機嫌に暮らすための方法を
Q&Aと25のショートストーリーとデータでまとめました。

従来の“定年もの”の書物は、
男性側からの心構えを説くもの、
女性側からの要望を声高に言うもの、
定年後の暮らし方のルポ、年金等のガイド集が主でした。
今ひとつ当事者の心理に響くものではないように思われます。

本書では、気持ちのひだに分け入るような具体的項目を挙げて、
楽しくも厳しく現状の確認を促します。
そして、さまざまな物語を通じて、解決策をアドバイスし、
人生後半戦を夫婦ともに生きていくためのエールとします。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
関連データ
◆◇データ編 続 平成22年国民健康・栄養調査◇◆ 2012.03.22

前回に続いて、「平成22年国民健康・栄養調査」から。
厚生労働省、平成24年1月31日発表。
調査は平成22年11月、
層化無作為抽出により、3684世帯で実施。

●現在習慣的に喫煙している者の割合

*現在習慣的に喫煙している者
これまで合計100本以上または6か月以上タバコを吸っている者のうち
「この1か月間に毎日または時々タバコを吸っている」と回答した者

<男性>
20代---------34.2%
30代---------42.1
40代---------42.4
50代---------40.3
60代---------27.4
70歳以上-----15.6

<女性>
20代---------12.8%
30代---------14.2
40代---------13.6
50代---------10.4
60代---------4.5
70歳以上-----2.0


男性全体では、32.2%で、
平成15年の46.8%からずいぶん減少しています。
いまや、喫煙者は男性3人に1人です。
60代以降ぐっと喫煙者が減るのは、
医師の忠告があるからでしょう。

女性全体は、8.4%、平成15年の11.3%から少し減少。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
関連データ
◆◇データ編 平成22年国民健康・栄養調査◇◆ 2012.03.15

「平成22年国民健康・栄養調査」から。
厚生労働省、平成24年1月31日発表。
調査は平成22年11月、
層化無作為抽出により、3684世帯で実施。

●高血圧症有病者の割合
<男性>
30代---------19.4%
40代---------33.5
50代---------57.8
60代---------64.4
70歳以上-----80.6

<女性>
30代---------4.0%
40代---------12.7
50代---------36.3
60代---------60.0
70歳以上-----73.2

年齢とともに、血圧は上昇しています。
女性より男性のほうが、高血圧者は多いのですが、
60歳を過ぎれば、女性もぐっと増えますね。
70歳以上では、大半が高血圧だということです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:趣味・教養・娯楽
◆◇お花見三昧~50代女性の消費行動◇◆ 2012.03.08

春は桜を見なきゃ落ち着かない、
そういう人は多いでしょう。
なかでも、
中年以降のマダムたちが楽しみとして挙げるのは
お花見パックツアーです。

全国の桜の名所を訪れる宿泊型定番、
近郊を巡る日帰りバスツアー、
川沿いの桜並木を眺める船旅も人気です。
桜前線の北上を追っかける熱心な人もいますよ。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇合わせ調味料~50代女性の消費行動◇◆ 2012.03.01

外食を控えて家で食べる、つまり、内食が進行しています。
ということは、
料理担当者は毎日の献立に頭を悩ませています。

同じものが続くと飽きますし、
かといって、レパートリーがそうそうあるわけではありません。
手間ひまかかるメニューは敬遠したいし、
食材を奮発するのも、家計上、限度があります。

そこで、便利に使うのが合わせ調味料です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.