サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 2007年06月
団塊女性のライフスタイル
◆◇実況編 年金その1◇◆ 2007.06.28

宙に浮いた記録”の年金問題。
60歳に到達、あるいは直前の団塊世代の女性にとって、実に身近な問題です。

先が見えない状況ですが、
渦中の女性たちの思考と行動をお伝えしましょう。
実況中継といったところです。

第1回目。
●―――――――●

サラリーマンの夫が転職せずに、1社で勤めあげたA子の場合、
夫の厚生年金の記録に恐らく漏れはなく、
問題はA子自身の記録。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇子供の結婚~50代女性の消費行動◇◆ 2007.06.26

子供が成人式を過ぎて数年もたつと、
親としては、次第に「結婚」が気になり始めます。

2004年、平均初婚年齢は、男性29.6歳 女性 27.8歳
未婚率は、2000年、30~34歳では、男性42.9%、女性 26.6%

東京都では、どの数値もそれより高いのです。

世の中で、未婚化、晩婚化が進行していることは承知していますし、
結婚が幸福を保障するものではないこともわかっているのです。

ですから、息子、娘に、早く結婚せよとうるさく迫るわけでもありません。
でも、内心は、結婚してほしいと思っているのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:趣味・教養・娯楽
◆◇オペラ~50代女性の消費行動◇◆ 2007.06.21

オペラ公演の会場に行ってみると、
大半は年配の方々、それも女性が目立ちます。

クラシックファンのなかでも、オペラはどうもと敬遠する方がいるのは確かです。

オペラは、まずもってチケット代が高い、
時間が長い、
原語で歌われるから、筋がよくわからない、
そもそも、なぜ突然、ヒロインがアリアを歌うのか。

こんな理由でしょうね。

一方で、熱心な愛好家もいます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇地球温暖化~50代女性の消費行動◇◆ 2007.06.19

6月は環境月間です。
ドイツで開かれたサミットでも取り上げられた「地球温暖化」を、
今回はテーマにしましょう。

異常気象といわれる現象が増えて地球温暖化を実感している、
将来、地球環境の保全に危惧を感じている
という女性はけっこういます。
年配になるほど、多いですね。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
関連データ
◆◇データ編 高齢社会白書◇◆ 2007.06.14

公表されている数々のデータの中から、押さえておくべきデータを紹介します。
こうしたデータの上に、様々な推定がなされるからです。

今日は、「平成19年版高齢社会白書」概要(内閣府)から。
 ――――――――――――――――

●総人口  1億2777万人 2006年10月1日現在
 このうち、65歳以上の高齢者人口は、2660万人 
      高齢化率  20.8%

●予測では
 5年後の2012年に、65歳以上の高齢人口が3000万人を超えます。
 ピークは2042年で、その後、減少へ。

| トラックバック(153)  詳しくはコチラ
団塊女性のライフスタイル
◆◇ルポ編 ボランティア◇◆ 2007.06.13

今日は、ルポ編の第7弾です。

50代女性のライフスタイルを、人物に添って探り、
50代女性の生き方の典型をあぶりだしたいと思います。

  ■ □ ■
夫と娘の3人で暮らしているA子。
夫は大学教授、一人娘は、大学院博士課程を終了後、研究生活をしています。

娘が小学生の頃、離婚を考えたこともあったのですが、
「パパは一人しかいない」と訴える娘に負けて、離婚を思いとどまったのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇おひとりさま~50代女性の消費行動◇◆ 2007.06.07

チマタで言われる「おひとりさま」は30代の独身女性をさしていますが、
ここでとりあげるのは、50代の独身女性のこと。

結婚歴のない女性もいますが、今増えているのは
結婚はしたけれど、離婚または死別で、現在はひとりものという中年女性。

彼女たち、けっこう元気なのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
大人女性の消費行動:ライフスタイル
◆◇ふるさとへの思い~50代女性の消費行動◇◆ 2007.06.05

人の移動は地方から大都市圏への流れが続いています。
今の50代も、かつて進学や就職、結婚などで地方から都市圏へと移動し
住みついた人がかなりの数います。

そういう人たちは、「ふるさとはどちら?」と問われたとき、
多くは、小中学校時代を過ごした土地の名前を挙げるでしょう。

家族がもうその地に住んでいなくても、
テレビや新聞でその地名を見ると、気になりますし、
ネットで地方新聞のサイトを検索したりします。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.