サイト内容
バックナンバー
サイト内検索
無料メールマガジン
お問い合わせ
TOP > 大人女性の消費行動:衣食住 
大人女性の消費行動:衣食住 
◆◇終の棲家はどこに~大人女性の消費行動◇◆ 2017.08.03

50歳を過ぎれば、人生後半戦に入ったということです。 
105歳まで活躍された日野原重明先生の生き方は理想でしょうが、
なかなかそうはいきませんよね。
家族のありようも仕事の内容も、はたまた自分の健康状態も
これまでとは違ってくるはずです。

住居の問題も出てきます。
半数の方は、今の住まいを変えることは考えていないと言われます。
リフォームしたり、建て替えたりはあるかもしれませんが、
このまま住み続けたいという意思を持っています。

ただ、他の選択肢もあります。

 詳しくはコチラ
◆◇朝はパン、買うのは揚げ物~大人女性の消費行動◇◆ 2017.04.06

高齢化が進む、もう聞き飽きたフレーズですが、
以前と比べて確実に、
「高齢者」の意識や実態は変化しています。

高齢者の食生活全般についての調査結果が発表されました。
*日清オイリオ『生活科学研究』レポート No.34から。

●朝食はパンが半数
男女50代~70代の各年代とも、「朝食はパン」が51~53%
「ごはん」は男性の方がやや多く、
男性35~37%,女性29~31%。


 詳しくはコチラ
◆◇靴の悩み~大人女性の消費行動◇◆ 2016.05.12

この頃の履物界では、スニーカーがブームのようです。
多彩なデザインの製品が見られます。

そういえば、かなり前から、
ミドルより上の世代は、ウオーキングシューズを愛用しています。
なにしろ、歩くための靴ですから、歩きやすいのは当然のこと。
街中でも旅行先でも、履くのです。

そうでなければ、
底がフラットなバレエシューズのようなタイプの靴を選びます。
ヒールの高いパンプスを履いているマダムはとんと見かけません。

コメント(2926) | トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇機能性表示食品の今~大人女性の消費行動◇◆ 2016.03.03

機能性表示食品とは、
「事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品。
販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが
消費者庁長官へ届けられたもの。
ただし、特定保健用食品(トクホ)とは異なり、
消費者庁長官の個別の許可を受けたものではない」

これが、消費者庁が示している説明です。

つまり、トクホよりは緩い規制ですね。
効果や安全性を国が審査するわけではありません。

コメント(3172) | トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食の値段~大人女性の消費行動◇◆ 2016.02.04

廃棄カツが横流しされ一般に出回っていた事件には
驚かされました。
他の食品にも広がっていき、
まだまだ似たような事例があるのではないか、
そう感じた方も多いでしょう。

横流しした業者の行為は悪質な犯罪で、とうてい許すことはできません。

しかし、改めて、食品の値段ということを考えてしまいます。

コメント(3713) | トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇時短でつくるおせち料理~大人女性の消費行動◇◆ 2015.12.12

お正月にはおせち料理がつきものです。
近年、自分では作らず買う人が多くなりました。
今では、デパート、スーパー、レストランや割烹、
コンビニでも多彩に揃えられています。

それでも、おおかたは買うけれど、
1~2品ぐらいは自分で作りたい人も少なくありません。
そういう場合は、
昔ながらの手間ひまかけて、というのではなく
時短でパパッと作るのです。

コメント(2769) | トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇実家をどうする~大人女性の消費行動◇◆ 2015.05.07

50代ともなれば、高齢の親が実家で一人暮らしをしている、
というケースが増えてきます。

母親にせよ父親にせよ、
元気なようでも、次第にサポートが必要になってきます。

親もいろいろ考えて、
住み慣れた家を離れたくはないけれど、
介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(賃貸)に
移る決心をした、
こんな話もけっこう聞きます。

問題は、残った実家をどうするかです。

 詳しくはコチラ
◆◇衣類の回収~大人女性の消費行動◇◆ 2015.04.16

“タンスのこやし” とはよく言ったもの。
おおかたの女性は、もう着ないのに処分することはためらう衣類を
山のように持っています。
買ったときは高かったし、まだ傷んでいないし、と思うので、
ゴミとしては捨てられないのです。

このあたりの気持ちをくんで、衣類の回収をする店舗があります。

コメント(5019) | トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食問題編 続 食とメディア◇◆ 2015.04.02

前号に続き、
この3月に開催された「食生活ジャーナリストの会」の
第24回シンポジウム「食とメディア」から。

村瀬敬子さん(佛教大学社会学部 准教授)の
基調講演「料理とメディア~食とメディアの関わりの歴史から現在を考える」
の後に、パネルディスカッションが行われました。

パネリストは、
・佐々木俊尚さん(作家・ジャーナリスト。著書に『新・家めしスタイル』他)
・高橋博之さん(『東北食べる通信』編集長)
・山本美希さん(NHKアナウンサー)。

コーディネイターは、山本謙治さん(農と食のジャーナリスト)。

山本さんお二人は、食生活ジャーナリストの会会員。

 詳しくはコチラ
◆◇食問題編 食とメディア◇◆ 2015.03.19

この3月に開催された「食生活ジャーナリストの会」の
第24回シンポジウムのテーマは「食とメディア」でした。

基調講演は、村瀬敬子さん(佛教大学社会学部 准教授)。
題して「料理とメディア~食とメディアの関わりの歴史から現在を考える」。

そのおおまかな内容をお伝えします。

前提として、以下のことが挙げられました。
・メディアは現実を構成する
・「家庭料理」は新中間層の主婦の誕生とともにうまれた
・家庭料理メディアは明治以降に発展

 詳しくはコチラ
◆◇何を着ればいいのか問題~大人女性の消費行動◇◆ 2014.11.27

秋から年末年始にかけて、
何かしらの会合に出かける機会が増えます。
ちょっとした小人数のお集まり、
ランチからディナーまでの様々な会食、
記念のパーティにリサイタル、
イベント後の打ち上げ、忘年会に新年会、等々。

ミドルエイジともなれば、
所属しているコミュニティは一つではありません。
趣味のサークルや倶楽部、学校時代の友人たち、職場、元職場の同僚たち、
子供の関係で知り合った人たち、
町内会やボランティア団体の面々…

というわけで、あちこちからお誘いがかかります。

女性にとって、そこで問題になるのが
「何を着て行けばいいの?」

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇住み替え問題~大人女性の消費行動◇◆ 2014.11.13

年を重ね、子どもたちが自立していくと、
夫婦だけ、あるいは連れ合いに先立たれて一人暮らしになります。

この先、どこで住もうか。
このまま、とどまるか
子どもの近所に引っ越すか
郷里に帰るか
気に入った所に移住するか
自宅は保持しながら、半分ぐらいは別荘で過ごすか

選択肢はいろいろあります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇締め付けない~大人女性の消費行動◇◆ 2014.09.04

今回のテーマ「締め付けない」は、
精神的に圧迫しないことではなく、身体をきつく締めないという意味です。

つまり、
お腹周りや胸を締めて、形よく整えるためのもの、
ガードルやブラジャーについてです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇夫の手料理~大人女性の消費行動◇◆ 2014.07.17

定年退職、あるいは早期退職で
家にいる時間が多くなった男性は何をするのでしょうか。

これまでしたくてもできなかった趣味に没頭する人もいますが、
なかには、料理を始める人もいます。
勿論、料理が得意な男性は、
勤めながらも、休日は腕をふるって家族に喜ばれているのです。

今回のお話しは、まあ、しぶしぶ料理なるものをしてみようか、
というタイプの男性についてです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食問題編 非常食から災害食へ◇◆ 2014.03.06

この2月に開催された「食生活ジャーナリストの会」の今年度シンポジウムのテーマは、
「非常食から災害食へ」でした。

基調講演は、日本災害食学会理事の別府茂さん。
この頃では、大災害は大地震だけではなく、
豪雨や大雪によっても起こっています。

インフラが復旧するのに3日では足りない、
1週間、場合によっては、1か月以上もかかることがあるのです。

こうなると、非常食の考え方を変えなければなりません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇“普段暮らし”の質~大人女性の消費行動◇◆ 2013.12.26

ミドルエイジにもなれば、
あれがほしい、これが足りない、という物欲は薄くなるものです。
何故なら、大抵の物はすでに持っているからです。

で、大事になるのが、“普段の暮らしの質”。
気持ちよく、毎日を過ごしたいのです。

さらにいえば、食べる物の質にこだわります。
大量に食するわけではありませんからね、
身体にいいもの、美味しいものを求めます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇シニアシフトのインナー~大人女性の消費行動◇◆ 2013.12.12

イオンとワコールが共同で、シニア向け下着ブランドを開発しました。
「Tuyaka(つやか)」です。
リリースによれば、
「60代女性の求める品質と価格を兼ね備えたブランド」
とのこと。

シニアは、ユニクロやしまむらの商品もよく利用しますが、
ブラジャーやキャミソールは、そうもいかない事情があります。
年齢を重ねて体型が変わっていますので、
汎用デザインでは合わないのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食材の偽装表示~大人女性の消費行動◇◆ 2013.11.28

食材の「偽装表示」が、多くのレストランで行われていた、
という事実が明らかになってきました。

「誤表示」だと言い張る向きもありますけれど。

小エビを芝エビと表示するのは業界の慣習だったというのは、
誤表示かもしれませんが、
ブロイラーを地鶏としたり、
普通の野菜をオーガニックとするのは
意図的なウソの表示です。

とはいうものの、
例えば、肉そのものの味の違いがわかる人は、
いくつか並べて味比べでもしない限り、ごく少数でしょう。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇調味料のボトルサイズ~大人女性の消費行動◇◆ 2013.10.31

夫婦に子供2人の「標準家庭」というものは、すでに少なくなっています。
かつてはそうだった家庭でも、
子供が成長、独立し、残ったのは中高年夫婦の2人世帯、
子供は単身世帯だったりします。

そして、老齢になれば、夫婦の片方が他界して
単身世帯になる例も多いのです。

そんな状況で、テレビの料理番組では、かなり前から、
紹介される料理の材料が4人分から2人分になりました。

ここで今、ベテラン主婦の不満。
市販の調味料のボトルサイズが大きすぎるのですよ。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇衣類に香り~大人女性の消費行動◇◆ 2013.09.12

洗濯機に投入するだけで、衣類に香りがつくという商品が人気です。

香りの良さを売り物にする柔軟剤に加えて、
香りづけだけを目的にした剤型を加えると、
より一層効果があるというのです。

柔軟剤は各メーカーから売り出されているとはいえ、
種類が限られていますから、
「あら、あの人もこの人も」、同じ香りがすることになってしまいがち。
香りづけ用を付加すれば、違いが出せるというわけです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇お墓を買う~大人女性の消費行動◇◆ 2013.08.22

お盆の日々を送った後、
さて、うちのお墓をどうしようかと真剣に考える、
そんな中高年女性はけっこういるものです。

自分がゆくゆくは入る所を決めようというわけです。

両親や祖父母のお墓はあるけれどいかにも遠い。
夫の実家のお墓に入れられるのは嫌だ。
夫は次男で、長男のお墓には入れない。
離婚したから、自分用を準備したい。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇電動アシスト自転車~大人女性の消費行動◇◆ 2013.07.18

電動アシスト自転車に乗っている中高年の女性を
よく見かけるようになりました。

実際、電動アシスト自転車の2012年販売台数は、
前年比24%増です。

バッテリーの大容量化が進み、
1回の充電による走行距離が長くなりました。
低価格の製品も登場しています。

さらに、シニア向けのモデルもあります。
駐輪するとき、ふらつかずに止められるように
工夫されたスタンドが装備されているのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇機能性ショーツ~大人女性の消費行動◇◆ 2013.07.11

機能性をもつとうたわれる下着が、様々な名前で売られています。

そもそも機能性とは、
機械などの作用・働きの度合のこと。

女性用下着(今はインナーと言われます)のなかでも、ショーツの場合、
機能性と名乗る商品を身に着けると
お腹がひっこむ、お尻が持ち上げられる効果があるといいます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇コンビニの惣菜~大人女性の消費行動◇◆ 2013.06.27

デパ地下で、2人のご婦人がおしゃべり。
量り売りのデリカテッセンの前です。

「今日の夕飯、何にしようかしら」
「セブンイレブンのお惣菜で十分よ。
味もまずまず、量はちょうどだし、安いの」
パウチ惣菜といわれるパック入りの商品を指しているようです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇欲しいマイうつわ~大人女性の消費行動◇◆ 2013.06.13

日、食卓に並べる食器を
本当に気に入ったものだけにしたい。
子供たちが成長し、落ち着いた暮らしになれたミセスは
そんな風に思います。

あわただしく過ごしていた頃は、
間に合わせで買ったお茶碗やお皿でこと足りていたのです。
が、時間的にも精神的にもゆとりができると、
何気ない日々を大事にしたい気持ちが働くのですね。

色や形、手触りがしっくりくる“マイうつわ”。
大きさが丁度いい、重すぎない、飽きない良さ。
もちろん、重ねて収納できるなど、機能性も重要です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ レストランの接客~大人女性の消費行動◇◆ 2013.05.09

日本フードサービス協会の発表によれば、
2013年3月の外食産業市場のうち、
ファミリーレストラン、ディナーレストランは
堅調に推移して売上高は上昇。
ファストフードのなかでは、麺類が好調、
パブ・居酒屋は伸び悩み、ということです。
(4月25日発表)

ふむふむ。
低価格を望むお客ばかりではなく、
落ち着いて食事をしたい層が目についてきたということでしょう。

ディナーレストランのお客は中高年女性が多いものです。
ランチタイムなどは、おばさまに占められていますよね。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇電子レンジクッキング~大人女性の消費行動◇◆ 2013.04.18

お料理が好き、趣味としてお料理する、
という主婦は確かに、一定程度存在します。

数字でみましょう。

「平成23年社会生活基本調査」の趣味・娯楽の行動者率によれば、
料理・菓子作りを趣味として行っているのは、
50代前半の女性で約27%、50代後半で25%。
およそ4人に1人です。

しかし、60代ともなれば、次第に減少します。
60代後半で17%。
趣味としているのは、なんと6人に1人だけです。

おおかたの女性は、料理を好きではないけれど、
家事としてこなしているということでしょう。
毎日毎日、調理しようとすれば、
時間も体力も気力も必要ですからね。
年を重ねると、なおさらおっくうになるのでは。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇住まいの防犯~大人女性の消費行動◇◆ 2013.03.14

住宅への空き巣狙い件数は、平成15年以降、減少。
そして検挙率は上昇しています。

しかし「それなら安心」というわけにはいきません。
侵入の手口が大胆になっていると思われるからです。

例えば、こんなことがありました。
昼間、留守中の家に、軽トラックで乗りつけ、
エアコンを外し、エアコンと室内の金庫を盗んでいった。
近所の人たちは、工事しているとしか思わなかったでしょう。
下調べしたうえで、実行に及んだもとのみえます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食問題編~エコフィードのブランド豚◇◆ 2013.03.07

前号に引き続き、
食生活ジャーナリストの会のシンポジウム
「捨てられる食べもの」から、報告します。

――――――☆――――――

エコフィードとは、
食品残渣を原料にして加工処理されたリサイクル飼料のこと。
環境に優しいエコロジカルと
節約を意味するエコに飼料のフィードを併せた造語。
以前は残飯や生ごみの利用などと呼ばれて
イメージが悪いというので、作られました。

社団法人 配合飼料供給安定機構が商標登録しています。

どんなものが飼料になるかといえば。
製造過程で出てくる副産物、
例えば、しょうゆカスや無洗米の製造中に出る米のとぎ汁、
サンドイッチ製造で余るパンの耳、
作り過ぎた食品、
売れ残りの弁当や菓子類、
調理過程で出る野菜くずなど。
主として、糖質系です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食問題編~フードロス◇◆ 2013.02.28

フード(食品)ロスとは、
食べられるのに捨てられている食品のこと。
日本では大量の食品を輸入しながら、一方で大量に捨てているのです。

農林水産省の推計では、平成21年度
食品廃棄物のうち、500~800万トンがフードロスです。
事業者と一般家庭から、ほぼ半分ずつ。

これがどれだけの数字なのかピンと来ませんが、
米の生産高は、平成24年主食用水稲 約820万トンです。
比べると、膨大な食品が無駄になっていることがわかります。

この2月に開催された「食生活ジャーナリストの会」の
今年度シンポジウムのテーマは、
「捨てられる食べもの」でした。

NPO法人 セカンドハーベスト・ジャパンの
広報室長・井出留美さんの基調講演から抜粋して紹介します。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇衣類の処分~大人女性の消費行動◇◆ 2013.02.14

女性が家の中で処分したい、捨てたいと思っているモノの筆頭は、
衣類でしょう。
箪笥や衣装ケース、クローゼット、押し入れの中には、
四季それぞれの洋服が山ほど詰め込まれています。
50代以上なら、和服もけっこうあるはず。

でも、なかなか思い切れないのが女心です。
まだまだ着られるのにもったいない
買ったときは高かった…

とはいうものの、
どれかを処分しないと、新たに買えない、
入れるスペースがないから、
という事情を抱えているのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇一口スイーツ~大人女性の消費行動◇◆ 2013.01.31

おやつは女性につきもの。
今はスイーツと呼ばれています。
洋風、和風を問わず、甘いものをいただくと
何だか落ち着くわけですね。

30代、40代の女性がコンビニでスイーツを買うと言われていますが、
50代、60代だって買います。

ひところブームになったロールケーキはもちろん、
プリンやシュークリーム、チョコレートケーキに
大福やお団子。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇嗜むお酒~大人女性の消費行動◇◆ 2012.12.20
厚生労働省から、 「平成23年国民健康・栄養調査」の結果概要が発表されました。 ...
| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇野菜を摂っているつもり~大人女性の消費行動◇◆ 2012.11.15

健康な生活をするには、食事が大事、
栄養バランスを考えて、野菜をちゃんと食べなくては
と、頭ではわかっているのです。

ところが、実際の食生活は違うのです。

1日に350グラムの野菜を摂ることを、
厚生労働省は勧めていますが、
全体の平均では、まだまだ不足しています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇試着するとき~大人女性の消費行動◇◆ 2012.11.08
衣類を買うという行為は、 たいていの女性にとって、一種の娯楽です。 ちょっと改ま...
| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇当たり前の節電~大人女性の消費行動◇◆ 2012.11.01

2011年の計画停電騒ぎ、節電キャンペーンを経て
今年2012年の猛暑を乗り切った今、
節電は当たり前のことになりました。

家庭で主婦が行っているのは
照明をまめに消す、
あちこちの部屋で照明はつけない
エアコンはなるべく使わない、
ポット等の電源を抜く 等々。
一つ一つは小さなことですが、
もう日常の家事になっているのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇家では作らないメニュー~大人女性の消費行動◇◆ 2012.10.25

子供が育ちあがり、夫婦2人の暮らしになると、
毎日のメニューが変わります。

子供が好きなカツ丼やハンバーグ、オムライスなどは
食卓にのぼらなくなります。
カロリーを抑えて、ヘルシーにヘルシーにと考えるから。
それに手のかかる献立は、
作るのが面倒になってきます。

お肉はもちろん食しますが、揚げ物にはしないわけです。
素材もひき肉ではなく、脂身の少ない部位の塊を買いますよ。

かといって、以前のお料理が嫌いなわけではないのです。
たまにはいい、というわけで、
外食する機会があったときに、そんなメニューを選びます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇手抜きファッション~大人女性の消費行動◇◆ 2012.09.06

9月にもなれば、秋らしいファッションにしたくなります。

ミドルエイジ向け雑誌には、
高級そうなジャケットやワンピース、スカート、ワイドパンツを
着こなしたモデルさんがさっそうと出ています。

おおかたの女性は、ま、それは眺めておくだけ。
実際にはどうするのでしょうか。

この夏、ガールズの流行は、
ひらひらふわふわミニスカートやショートパンツにレギンスでした。

年上の方々は、
七分丈のパンツにTシャツ、腰回りを隠す薄手のチュニック。
レースっぽい素材も目立ちました。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇孫連れ外食~大人女性の消費行動◇◆ 2012.08.30

「チビちゃんを連れて行けるお店知らない?」

幼い孫とその両親、自分たち夫婦がそろっていける
食べ物やさんはないかと聞かれたのです。

「ファミレスは?」
「それなら、自分ちで作るわよ」

つまりは、
家庭では真似できないようなフレンチや和食の店、
かつ、とびぬけて高価ではない所を
探していたのです。
しかも、他のお客に迷惑にならないよう、
個室がいいのだけど…

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇オリーブ油人気~大人女性の消費行動◇◆ 2012.08.02

年を重ねると、次第に「健康」を意識するようになります。

年配の方々に聞くと、
たいていは、健康第一と答えるものです。
(つまり、お金も心配だけれど、健康がね、というところです)

ほとんどは、その健康を支えるのが「食事」だと、認識しています。
栄養バランスをとって、メニューを工夫しよう、
肥満を抑えるために、カロリー過多にならないように気を付けよう、
と考えるわけです。

なるべくなら健康にいい食材を使いたい、とも思います。
ヨーグルトや納豆といった発酵食品は以前から食卓のスタンダード。
この頃では、塩麹が注目されていますね。

さらに、どうせ油を使うなら、オリーブオイルにしようと思います。

 詳しくはコチラ
◆◇マイホームの寿命~大人女性の消費行動◇◆ 2012.05.31

マイホームも住人と同じように、年をとります。
つつがなく過ごそうと思えば、お手入れが欠かせません。

キッチン、浴室、トイレといった水回りの不調は
生活にすぐ影響がでますから、
早急に修繕、改修が必要です。

ガスコンロを替えるだけなら簡単ですが、
風呂釜やトイレ機器の交換となると、大変。
場合によっては大掛かりなリフォームとなります。

外装も要注意。
雨戸の不具合、軒下の板のはがれ、
ベランダや手すりの鉄骨部のさび。
普段はなかなか気づかないものです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇変わる野菜レシピ~大人女性の消費行動◇◆ 2012.05.17

 「野菜をたっぷり食べさせなくては」という命題は、
調理担当者としての常識、いや、強迫観念といってもいいでしょう。
健康と美容の維持に、野菜が欠かせないことはわかっているのです。
しかし、野菜を日々十分に摂ることはそう簡単ではありません。

調査によれば、
これだけ食料が豊富な時代にありながら、
野菜の摂取量は依然として不足なのです。

理由の一つは、
野菜の調理が意外に面倒だからです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇被災地支援の食材~大人女性の消費行動◇◆ 2012.04.12

東北地方の被災地では、
復興に向けて、歩みが進行しているようです。

例えば、漁業では、
宮城県気仙沼市の唐桑復興わかめが販売されています。
通信販売により、全国に向けて出荷。

新ワカメのゆでたては旬の味として、
味にうるさい奥さま方にも賞味されているのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇合わせ調味料~50代女性の消費行動◇◆ 2012.03.01

外食を控えて家で食べる、つまり、内食が進行しています。
ということは、
料理担当者は毎日の献立に頭を悩ませています。

同じものが続くと飽きますし、
かといって、レパートリーがそうそうあるわけではありません。
手間ひまかかるメニューは敬遠したいし、
食材を奮発するのも、家計上、限度があります。

そこで、便利に使うのが合わせ調味料です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇軽さで選ぶ~50代女性の消費行動◇◆ 2012.01.26

今は、クリアランスセールなど、
冬物売り切りセールが終わる頃ですが、
このところ、セール時期のあまりの前倒しは
検討し直されているようです。
寒いのに、もう春物しかないというのも、
値下げがあるから待っても間に合うと期待されるのも
確かに変です。

さて、買う側の視点で。

冬の衣類はどうしても厚ぼったくなりがちです。
しっかり細かく目のつまった生地で仕立てたコートなんぞは
ずっしり重く、肩にかぶさります。

中年といわれる頃になれば、
肩こりに悩む女性は多いもの。
重いアウターは避けて、できるだけ軽いものを選ぼうとします。
もちろん暖かくなければ落第。

ダウンコートばかり目につく理由の一つはその軽さ。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食品を選ぶ目~50代女性の消費行動◇◆ 2012.01.19

食材や加工食品を選ぶとき、付けられている表示を見る習慣は
たいていの主婦がもっています。

かつては、食品添加物やカロリーを気にしていた人が、
この頃では、放射能も気にしています。

もっとも、中高年にもなれば、
自分が食べるものはいい、
ただ子供や孫の口に入るものは
なるべく安全なものを選びたいと考えます。

流通しているものは検査をパスしたはずとは思っていても、
「もしかして、検査の網から漏れているかも」
というかすかな不安は抱えています。

で、産地を確かめたりするのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇クリスマスはやはりケーキ~50代女性の消費行動◇◆ 2011.11.24

今年は、クリスマスケーキの予約が順調だそうです。
「うちで食べる」傾向の延長線にあります。
その日は、ケーキが真ん中に置かれた食卓を
家族で囲むのですね。

子供が成長した家庭でも、
もう子供は独立して夫婦2人になった家庭でも、
クリスマスにはケーキを食するものです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇産地から届く美味~50代女性の消費行動◇◆ 2011.11.10

我が家で、家族一緒においしいものを食べる
それがしみじみ幸せ、
というミセスがこの頃、多いようです。

そのおいしいものとは、
自分で作る料理全体をさすのですが、
やはり素材が良くないとだめよね、
ということになります。

豊富にそろっている店はなかなかありませんし、
あっても遠方だったりして、
産地直送で調達します。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇二世帯住宅への思い~50代女性の消費行動◇◆ 2011.10.20

「二世帯住宅にしようかな」
そう言うミセスが、このところちょっと目につくのです。

まずまずの敷地があり、
そこに建っている家屋が古くなってきたから、リフォームの時期、
どうせなら、二世帯住宅に建て替えようか、
○○のところと暮らせるように。

この○○が、娘か息子かで、
実際に、どんな住宅になるかは
微妙に違いが出てくるでしょう。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇同類ファッショ~50代女性の消費行動ン◇◆ 2011.09.29

着るものについて、
ミセスはミセスらしく、中年は中年らしく、
といった規範は、昔ほど、あからさまではありません。
好きなように、自由に装えばいい、
それが個性だ、というのです。

とはいうものの、見渡せば、
似たような恰好をしている女性が多いのです。

流行もあります。
着られるからといって、
あまりに古い洋服を身に着けることは、はばかられます。

それはそれとしても、特に中年以降は
同類ファッションの群れです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇うしろ姿は見えない~50代女性の消費行動◇◆ 2011.08.04

いわゆる“おばさん”ファッションは、
だぶだぶ、ゆったり、ルーズフィットの楽な衣類を
無造作に着ている感じが漂っている
ということでしょうか。

ファッションに深い関心はなくても、
なるべく、そうしたおばさんぽくない格好をしたいとは、
中年女性も思っています。

このところずっと、細みのスタイルが主流ですが、
幸いにも、出回っているチュニックを活用すれば、
気になる腰回りを隠せます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇スープ人気~50代女性の消費行動◇◆ 2011.07.21

冷房の効いた部屋では温かいスープもいいのですが、
やはり、
夏は、冷製スープ、冷製ポタージュが好ましい。
暑いときに、のど越しが良い冷たいスープはごちそうです。

しかし、家庭で本格的なスープを作るのは
意外に面倒です。
食材や調味料をそろえて、煮込んで…、
節電の折、長時間、暑いキッチンにこもって火を使うのは
苦痛でさえあります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇節電に家電買い替え~50代女性の消費行動◇◆ 2011.07.07

この夏は節電しなければ
ということで、家電の買い替えが多くなっているようです。

家庭で電力消費の多いのはエアコン、冷蔵庫。
この大型家電を、最新機種に変えて、
省エネ度を高めたいと
主婦は思うのですね。

内閣府が実施している「消費動向調査」のなかに、
「主要耐久消費財の買い替え状況」があります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇調理の心得~50代女性の消費行動◇◆ 2011.06.02

春から夏にかけて、食中毒の発生が増えます。

ユッケについていた腸管出血性大腸菌O111が原因で
死者が出たニュースは衝撃的でした。

外食産業が、提供する食品の安全に責任をもつことは
基本中の基本ですが、
家庭内の調理でも、注意が必要です。

WHO の食品衛生に関するメッセージは
以下の通り。

1、清潔に保つ、
2、生の食品と加熱済みの食品とを分ける、
3、よく加熱する、
4、安全な温度に保つ、
5、安全な水と原材料を使う

当たり前のようですが、
毎日の家事の中では守られていないことも多いものです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇コットン100%のインナー~50代女性の消費行動◇◆ 2011.05.26

暑くなってきました。
今年は節電対策ということで、
エアコンの温度が、職場も、電車内も店内も
例年より高めに設定されそうです。

何とか涼しく気持ちよく過ごすために、
速乾性、吸汗性をもつ下着が注目を集めています。

いわゆる機能性インナーです。

こういうインナーの素材は、
ポリエステル、ナイロン、キュプラ等で、
コットンではありません。
繊維メーカーと販売側が共同開発した素材が使われています。

しかし、「肌着はやっぱり綿100%でなきゃ」
という女性はけっこう多いものです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇地震保険~50代女性の消費行動◇◆ 2011.05.12

東日本大震災では、地震保険金の支払いが巨額になりそうです。

そもそも地震保険は、こういう場合に備えて、
政府は再保険し、
地震再保険特別会計で処理しています。

財務省は、
支払い原資の国の負担分を増やす模様です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇外食の気分~50代女性の消費行動◇◆ 2011.04.07
震災以降、被災地以外の地域でも客足がばったり止まって 外食産業は厳しい状況にあり...
| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇節電~50代女性の消費行動◇◆ 2011.03.31

東京電力、東北電力の電力供給が激減し、
首都圏近郊では、
強制停電が実施されるほどに
せっぱつまっています。

一般家庭でも
当然、節電しなければと工夫しています。

資源エネルギー庁によれば
家庭での電力消費は、
・エアコン 25%
・冷蔵庫 16%
・照明器具 16%
・テレビ  10%
・電気カーペット 4%
・温水洗浄便座 4%

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇放射能汚染食品の指標値◇◆ 2011.03.24

厚生労働省が、医薬食用局食品安全部長名で
当道府県知事、保健所設置市長、特別区長に
通達を出しています。
平成23年3月17日付

◇― ― ―◇
「放射能汚染された食品の取り扱いについて」

(略) 当分の間、
原子力安全委員会により示された指標値を暫定規制値とし、
これを上回る食品については、
食品衛生法 第6条第2号に当たるものとして
食用に供されることのないよう
販売その他について十分処置されたい。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ジュエリーを買う年頃~50代女性の消費行動◇◆ 2011.03.10

節約疲れが表面化し、高額品に動きがみられるとのこと。
アクセサリーも、ジュエリーと呼ばれる類の品が売れているようです。

女性は年齢にかかわらず、
指輪やペンダント、ブローチ、イヤリングにピアスなど
身を飾る品々が好きです。
自分がより美しく見えるはずと思うのです。

少女のころは、綿リボンでもプラスチックのリングでも可愛いのですが
年を重ねると、そうはいきません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇節分にすること~50代女性の消費行動◇◆ 2011.02.03

今日は節分です。明日は立春。
暦では季節は変わるはずですが、
今年はまだまだですね。

さて、節分には豆まき。
邪気払いの伝統行事ですが、
子供が大きくなると、
家庭では、豆まきをしない中年ミセスが増えます。

散らばった豆を集めるのが面倒ということもあります。
が、鬼に扮したり、「鬼は外 福は内」と
叫んだりするイベントを喜ぶ子供がいないと、張り合いがないのです。

代わりに、何をするのかといえば
恵方巻きを食べます。

もともとは大阪の風習でしたが、
商売上手のコンビニが普及させ、スーパーも便乗し、
急速に全国に広まがりました。

たいていの女性はお寿司が好きですし、
縁起ものなら拒む理由はありません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇服飾品の処分~50代女性の消費行動◇◆ 2011.01.20

服飾品、つまり、ベルトやバッグ、スカーフやアクセサリー類、
細々としたものまで含めると、
女性は、相当たくさん持っています。
なかには、買ったときは高価だったブランド品もあります。

クローゼットもいっぱいになり、
どれかを処分しないと、次のものが買えないほど。

といっても、
処分は簡単ではありません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇冷凍の惣菜~50代女性の消費行動◇◆ 2010.11.11

冷凍食品をお弁当に使うのはもちろん、
夕食の一品として買う主婦、増えています。

この頃の冷凍惣菜は、なかなかこっていますので。
例えば、いかにも「おふくろの味」風の和食や、
お店のメニューのようなハンバーグ。

手間は、電子レンジで温めるだけ。
取り出すだけの自然解凍のおかずもあります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ドレスをまとう~50代女性の消費行動◇◆ 2010.10.21

中高年女性の日常では
パンツスタイルが普通です。
家事をするにもちょっとお使いに行くにも機能的だから。

旅行に行くにも、趣味の集まりに行くときも
違う種類のパンツに履き替えて出かけます。

ですが、たまには、ドレスも着てみたい
と思うこともあるのです。
ドレスといっても、
結婚式に参列するような本格的なロングドレスの類ではありません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇収納の悩み~50代女性の消費行動◇◆ 2010.09.30

 家の中で、主婦が大いに困っていることの一つは
「モノが片付けられない」でしょう。

リビングルームに散乱する小物、
クローゼットからあふれだす衣類やバッグ、
キッチンには使わない食器や調理器具、買い置きの食品。

子どものモノ、夫のモノもあちこちに。

「収納する所がないのだから仕方ないわ」
と、ため息をつくのです。
でも、何とかしたい気持ちはあります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇飲食店のサービス~50代女性の消費行動◇◆ 2010.08.19

ファミリーレストランは相変わらず売上減少ですが、
ファストフードの代表、マクドナルドは好調です。

低価格の引力は大きいといえましょう。

でも、ミドルエイジの女性たちは、
飲食店に安さばかりを求めているわけではありません。

勤め人のランチとは違って
主婦の外食はやはり非日常的なできごとです。
店を選ぶとき、価格と、
提供される食の質、内装や食器、接客を
総合的に評価するのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇お墓の問題~50代女性の消費行動◇◆ 2010.07.22

お盆でお墓参りをした方、
夏休み、帰省したときにしようと思う方は多いでしょう。

そのお墓は、誰がお世話をしているのですか。
将来はどうなりそうですか。

家制度はなくなったはずですが、
お墓を継承し、祭祀を行うのは長男だとする
慣習はまだまだあるようです。

とはいうものの、
子供の数が減少し、
子供は女子だけの家庭も増加、
男子でも生涯未婚の人も少なからずいますし、
結婚しても子供のいない夫婦もいる今は、
お墓の継承はすんなりとはいきません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇家の中の危険~50代女性の消費行動◇◆ 2010.07.08

安全なはずの家の中で
けがをしたり、
場合によっては、骨折することがあります。

なにも乳幼児や高齢者だけではないのです。
中年主婦も危ない。

例えば、
ちょっと出っぱっている椅子の脚にひっかかって
足の指を骨折。
階段からほんのわずか落ちて
腕を骨折。
段差でもないのにすべって、ひどいねんざ。
熱い蒸気でやけど。

庭にも危険はあります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇電動自転車~50代女性の消費行動◇◆ 2010.07.01

電動自転車の人気が高まっています。
モーターのパワがーアップし、
値段もこなれてきました。

ちょっとしたお使いに
自転車を愛用する主婦は多いものですが、
中年にさしかかると、
坂道を登るのはつらい
重い荷物を前かごに入れて走るのはきつい、
と感じるようになります。

電動にしようかしら。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇繊維リサイクル~50代女性の消費行動◇◆ 2010.06.24

家庭の箪笥には洋服が詰まっているとは
以前から言われています。

何かを箪笥から除外しない限り
新しくは買わない、買えない状態です。

少し前、洋服や靴などの下取りセールが活況を見せたのには、
こうした背景がありました。

今、洋服やシーツ等のリサイクルが本格的に始まろうとしています。

一つは、日本環境設計が事務局となり、
大手小売り6社が参加する「FUKU-FUKUプロジェクト」。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇帽子と日傘~50代女性の消費行動◇◆ 2010.06.17

日射しが強くなる頃、
女性は帽子や日傘を手放しません。

紫外線を避けたいのです。

なぜならば、
紫外線がお肌に良くないことを知っているからです。
シミやシワの大きな原因となるのが紫外線、
美肌を保つには紫外線にあたらないことが大事なのです。

とはいうものの、外出しないわけにはいきません。

そこでいでたちは、
日傘か、つばの広い帽子、
腕には長い手袋、首にはマフラー
あるいは肩までおおうストール
ブラウスもパンツもUVカットの繊維で作られた製品。
色の薄いものより濃いほうが良いというので
黒だったりします。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇料理好き~50代女性の消費行動◇◆ 2010.05.27

主婦全体でいえば
家庭で料理にかける時間は減少しています。
料理は面倒、できれば手を抜きたいと、
密かに思っている主婦は多いものです。

でも、なかには
本当に料理好きなタイプがいます。

根本は、体によくておいしいものを自分が食べたいのです。
そして、家族に食べてもらう
「おいしい」と言われて
またやる気になるわけです。

そのうち、家族にふるまうだけでは
物足りなくなってきます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇米粉パン~50代女性の消費行動◇◆ 2010.05.06
米粉(こめこ)パンとは、お米で作ったパンのこと。 もとは米ですから、 もちもち...
| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇住宅エコポイント~50代女性の消費行動◇◆ 2010.04.08

エコカーやエコ家電のポイント付与によって、
車や家電製品の購入が促進されたと評価され、
住宅にもエコポイントがつくという制度が始まっています。

エコ住宅の新築は300,000ポイント。

エコリフォームは、2,000~100,000ポイント。
(1戸当たり、300,000ポイントが上限)
窓や外壁、屋根などの断熱改修が対象です。
これに併せて、
手すりの設置などバリアフリー改修をすれば、
その分のポイントが加算されます。

ディベロッパーが分譲住宅を省エネ仕様にして
エコポイント適用にしたり、
ホームセンターが断熱内窓をそろえたり、
業界は動いています。

消費者はどうでしょうか。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇内食用のソース~50代女性の消費行動◇◆ 2010.04.01
外食を控え、 中食といわれるお惣菜を買うのも少し控える傾向が続いています。 内...
| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇フレンチレストラン~50代女性の消費行動◇◆ 2010.03.04

日本フードサービス協会が発表した、
外食産業市場動向調査によれば、
2010年1月度売上状況は、全業態トータルで101.8%と
前年同月を上回りました。

業態は6つに分類されています。
・ファストフード
・ファミリーレストラン
・パブ・居酒屋
・ディナーレストラン
・喫茶
・その他

この中で、ディナーレストランは、
客単価は上がったものの客数が減少し、
売上は前年を下回る結果になりました。

ところで、
中年ミセスは、友人と外食するときに、
フレンチレストランを好みます。

魅力は、
落ち着いた雰囲気、
凝ったメニュー。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇バッグを選ぶ~50代女性の消費行動◆ 2010.02.04

女性はバッグ類をたくさん持っています。

近くのスーパーへ行くときと
映画や美術館に行くときとでは、
当然、使うバッグは違います。

外で働くミドルエイジの女性も
この頃は多いのですが、
彼女たちは仕事用の鞄も持っています。

専業主婦でも
お稽古ごとに通ったり
旅行に行ったりと、出かけるシーンは様々です。

バッグにも流行があり、
古くさい形のものは、まだ傷んでいなくても
遠ざける気持ちになり、
バッグを買おうかということになります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食問題編 健康データの常識?◇◆ 2009.12.17

食べものを考えるシリーズです。

食べることは生きること。
安心して食料を手にし
健康的な生活をするためにはどうすればいいでしょうか。

真剣に考えなくてはいけない問題です。
まず知ることから、すべては始まります。

*…*…*…*…*

今回は、
食生活ジャーナリストの会の10月勉強会から
「栄養疫学」についてです。
“いわゆる健康データの常識はどこまで本当か”

講師は、佐々木 敏(ささきさとし)教授

東京大学大学院、
医学系研究科 公共健康医学専攻
疫学保健学講座 社会予防疫学分野の担当です。

では、始めましょう。
 
*…*…*…*…*

「BMIが22のとき、最も疾病率が低い」。

よく言われます。

BMIは
体重(kg)/ 身長(m)× 身長(m)

160cm 60kg なら
60 ÷ (1.6 ×1.6 ) = 23.4

BMIを22にしようと思えば、
体重は56.3 kg にしなければなりません。

ところが、佐々木氏は、
この健康常識に疑問ありと言います。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇健康診断はどこで?~50代女性の消費行動研究◇◆ 2009.12.10

中年にもなれば、
体の不調を覚えることが多くなります。

医院にかけこむほどでなくても、
健康診断は受けておかなくては、と思うようになります。

その後の行動は2つに分かれるでしょう。

・市町村で実施されている健診の情報を
まめにチェックして出かけるタイプ

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇夫の手料理~50代女性の消費行動研究◇◆ 2009.12.03

家庭で料理をする男性が
このところ増えてきました。

若い世代は特に多いようですが、
年配の男性も、始めています。

仕事量が減って、時間的余裕ができたせいでしょう。

もともと調理好きで、趣味的にクッキングをする男性は前からいました。
釣りあげてきた魚をさばく男性も、います。

リタイア後、蕎麦打ちに凝る例はずいぶん話題になりました。

今は、これまで「食」に関心のなかったようなタイプも含めて
広がりを見せています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇夫の手料理~50代女性の消費行動研究◇◆ 2009.12.03

家庭で料理をする男性が
このところ増えてきました。

若い世代は特に多いようですが、
年配の男性も、始めています。

仕事量が減って、時間的余裕ができたせいでしょう。

もともと調理好きで、趣味的にクッキングをする男性は前からいました。
釣りあげてきた魚をさばく男性も、います。

リタイア後、蕎麦打ちに凝る例はずいぶん話題になりました。

今は、これまで「食」に関心のなかったようなタイプも含めて
広がりを見せています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇大掃除~50代女性の消費行動◇◆ 2009.11.19

年末に大掃除をする習慣はまだまだ根強く残っています。

昔のように、畳をあげて、たたいてとか
障子をすべて張り替えるとか、
そんなことは減ったようですが。

とにかく、お正月前にさっぱりしたいというわけです。

「普段から気をつけているので、特に大掃除しなくても大丈夫」
と言い切れる主婦は少ないでしょう。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇おせちの行方~50代女性の消費行動◇◆ 2009.11.12

おせちの予約受け付けが、始まっています。
今年は不況のためか、開始時期が早まりました。

この頃は、個食用もなかなか人気があるようです。
ペット用も売られていますよ。

50代の主婦は、
伝統を大事にしたい気持ちがありますから、
おせち料理を全然食べないで、お正月を過ごすことはないでしょう。

しかし、すべて自分で作るわけではありません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食品のPB商品~50代女性の消費行動◇◆ 2009.09.17

食品のPB(プライベートブランド)商品の売り上げが伸びています。

PB(プライベートブランド)商品とは
小売り業者が独自に企画開発し、
メーカーに製造を発注してできた商品のこと。

大量製造により原価を下げ、宣伝費などのコストを抑え、
低価格を実現。
販売側が大量に買い取ることで、
メーカー側にもメリットがあります。

ということで
価格の安さが最大の魅力。
同時に、品質が問われるのはもちろんのことですが、
消費者は、NB(ナショナルブランド)の商品と
遜色ない質を保持しているとみなしているようです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇震災対策~50代女性の消費行動◇◆ 2009.09.03

最近のゲリラ豪雨の影響か、
不安を感じる自然災害はと問われて、
集中豪雨、土砂災害を挙げる人が増えています。

しかし、最も不安を感じるのはやはり地震です。

大地震が将来起こると
ほぼ全員が思っています。

*明治安田生命保険相互会社によるインターネット調査から
20~59歳の男女 1138人、
調査は2009年8月1日~8月3日実施。


ところが、
●震災対策をとっていない 34%

3人に1人は何もしていないのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇親の家~50代女性の消費行動◇◆ 2009.08.27

ミドルエイジにさしかかると、
親の介護、そして、親の家をどうするか、
という問題に突き当たります。

すでに同居している世帯を除いて考えてみましょう。

1当面、別居のまま、通いの介護をする
  介護保険では、住宅改修の給付があります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ぴっちりパンツ~50代女性の消費行動◇◆ 2009.07.23

中高年女性の普段着やちょっとしたお出かけ着は
たいていパンツスタイルです。 
動きやすくて窮屈な思いをしなくてすみますから。

仕事着としては、スーツ(上衣とスカート)が定番でしたが、
今ではパンツスーツを選択する女性が増えています。

意図的に、
スカートを着用することに決めている女性もいますけれど。
「女性」を強調したいのですね。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇CO2削減の意識~50代女性の消費行動◇◆ 2009.06.11

6月5日は「環境の日」でした。
環境基本法で定められています。
環境省は、6月の1か月間を環境月間として、
啓発活動を実施。
この期間中、民間企業やNPOも、さまざまなイベントを行います。

クールビズ、
アイドリングストップ、エコドライブ、
キャンドルナイトはおなじみになりましたね。

環境問題として取り上げられるテーマにも時代の流れがあり、
ひところは環境ホルモンが話題でした。

今は、地球温暖化対策が最大の関心事となっています。

| トラックバック(1)  詳しくはコチラ
◆◇食品の買い場~50代女性の消費行動◇◆ 2009.06.04

2009年4月の全国主要スーパーの売上高は、
既存店ベースで、5カ月連続で減少しました。
食料品に限れば、3カ月連続の減少。
(日本チェーンストア協会の発表)

このところ 新型インフルエンザ対策で
保存性のある食品が買われたようですから、
5月の数字は上昇するかもしれませんが、
そのまま続くとも思えません。

比較的好調といわれていた食品スーパーも
4月は既存店でみれば、低調です。

消費者は、節約のため低価格商品へと流れましたし、
買い控えもしたのでしょう。

さらに、
食品を買う場所が、スーパー以外にもたくさんありますから、
買い分けることもします。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇使い分けるブラ~50代女性の消費行動◇◆ 2009.05.21

デパートやスーパーの売上高が連続減少。
価格の高い、または普通の洋服が売れなくなっています。

ではということで、
「下取りセール」が盛んに行われています。
商品を購入すると、
古い衣類の下取りとして、現金や割引券をもらえるのです。
イトーヨーカドーやダイエーで実施して反響がありました。
バーニーズでは今も継続中。

しかし、
インナーウエア、つまりは下着の下取りはありません、
消耗品ですから。
ということは、アウターウエアは買わなくても
インナーウエアは、皆、定期的に買わざるをえません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇住まいのセキュリティ~50代女性の消費行動◇◆ 2009.05.14

トヨタが営業赤字8500億円、
電通は最終損益が、2001年上場以来初めて赤字。
大企業でも業績が悪化している現状ですが、
セキュリティ業界は好調です。

なかでも、ホームセキュリティが堅調、
つまり個人の需要が増えているのです。

不安感が漂う社会状況の反映でしょう。
なにしろ、小学生に防犯ブザーが学校から配布される時代です。

セコム、綜合警備保障(ALSOK)、セントラル警備保障、等
大手企業が、基本サービス料金を低く設定した効果がきいています。
初期の工事費がゼロで毎月の料金だけ
というプランが用意されているほどです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇住まいのセキュリティ~50代女性の消費行動◇◆ 2009.05.14

トヨタが営業赤字8500億円、
電通は最終損益が、2001年上場以来初めて赤字。
大企業でも業績が悪化している現状ですが、
セキュリティ業界は好調です。

なかでも、ホームセキュリティが堅調、
つまり個人の需要が増えているのです。

不安感が漂う社会状況の反映でしょう。
なにしろ、小学生に防犯ブザーが学校から配布される時代です。

セコム、綜合警備保障(ALSOK)、セントラル警備保障、等
大手企業が、基本サービス料金を低く設定した効果がきいています。
初期の工事費がゼロで毎月の料金だけ
というプランが用意されているほどです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇安心野菜~50代女性の消費行動◇◆ 2009.04.16

健康のために、野菜を食べなきゃ
と、たいていの中年女性は思っています。

では、野菜なら何でもいいかといえば、そんなことはありません。
安全を求めるのです。
危ないと思う野菜は買いません。

ギョーザ中毒事件や、タケノコ産地偽装事件などのため、
この頃では、食材の産地を気にする主婦がいっそう増えました。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇安心野菜~50代女性の消費行動◇◆ 2009.04.16

健康のために、野菜を食べなきゃ
と、たいていの中年女性は思っています。

では、野菜なら何でもいいかといえば、そんなことはありません。
安全を求めるのです。
危ないと思う野菜は買いません。

ギョーザ中毒事件や、タケノコ産地偽装事件などのため、
この頃では、食材の産地を気にする主婦がいっそう増えました。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇待ったなしの住宅リフォーム ~50代女性の消費行動◇◆ 2009.04.09

2008年のマンション市場動向によると、
首都圏の発売戸数は、
バブル崩壊後の1992年以来16年ぶりの低水準でした。
(不動産経済研究所の調査より)

戸建て住宅も同様に、低迷しています。

では、住宅リフォームはどうかといえば、
矢野経済研究所が見通しを発表しました。

2008年の住宅リフォーム市場は、
2006年並みの約6.0兆円に回復、これから毎年微増して
2015年には、約7兆円になる、
なかでも、マンションリフォームは拡大すると予測しています。

1980年代から1990年代にかけて数多く販売された住宅が、
老朽化しているのです。
しかもこの不景気ですから、買い替えはしづらい状況。

住人は、リフォームをして今の住まいで暮らし続けようと思うのが
自然のなりゆきでしょう。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇外食の個室料金~50代女性の消費行動◇◆ 2009.02.24

「節約するため、外食する回数を減らした」
という家庭が多いようです。

それでも、ミドルエイジの女性は
友人との会食機会を逃すことはしません。

そういう場合、
会食をするお店を選ぶ基準は、店の雰囲気です。

料理がおいしいことも大事ですが、
第一の目的は、友人たちと話しをすることですから。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ウオーキングシューズ選び~50代女性の消費行動◇◆ 2009.02.19

健康のためにウオーキングをしている、
というミドルエイジの女性は多いのです。

始めた頃はそれほど靴にこだわらないのですが、
次第に、良いウオーキングシューズを買わなければ、
長く続けるためには、ということになります。

さて、どうシューズを選んだらいいのか、
実はよくわかっていません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食問題編 「地産地消」JAの直売所◇◆ 2009.02.05

食べものを考えるシリーズをスタートさせることにしました。

食べることは生きることです。
将来、安心して食料を手に入れられるでしょうか。

真剣に考えなくてはいけない問題です。
まず知ることから、すべては始まります。

*…*…*…*…*

今回は、「地産地消」の2回目、JAの直売所についてです。

「食生活ジャーナリストの会」が開いたシンポジウム「地産地消を検証する」、
パネリストの「JAはだの」代表理事・組合長の松下雅雄氏の
講演からピックアップします。

*…*

神奈川県秦野(はだの)市は丹沢山地の麓に広がる地域で
そこの農業協同組合が、JAはだの。

地産地消を推進するために、
2002年、ファーマーズマーケットとして「じばさんず」をオープン。
地元の農家が栽培した野菜を、
消費者に直接販売する大型農産物直売所です。

*じいさんばあさんではなく、地場の産物の複数形を意味する名前。

550戸の農家が参加、消費者の支持を得て、
2008年の売上は9億円に達しています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食問題編 地産地消◇◆ 2009.02.03

食べものを考えるシリーズをスタートさせることにしました。

食べることは生きることです。
将来、安心して食料を手に入れられるでしょうか。

真剣に考えなくてはいけない問題です。
まず知ることから、すべては始まります。

*…*…*…*…*

今回は、「地産地消」についてです。

食生活ジャーナリストの会のシンポジウム「地産地消を検証する」で、
パネリストの五明紀春(ごみょうとしはる)氏が発言された内容から。
*五明先生は、女子栄養大学教授・栄養学部長・農学博士。

講演からピックアップします。

*…*

先ず確認したいのは、日本の食材の豊富さは世界一であるということ。
地理的な条件、四季があり雨が多い気象条件による。

地産地消は自給率の問題である。
この自給率が低下している。

地産地消は空間的にとらえられているが、
時間軸で考えることも必要。
つまり歴史から学ぶ伝統に着目しよう。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇住まいの保険~50代女性の消費行動◇◆ 2009.01.22

たいていのお宅では、
自宅に火災保険をかけています。

今どきですから、地震保険をセットにすることもあります。
さまざまな補償をする総合住宅保険を契約していることもあります。

ですが、
どうも保険はわかりづらいと、
契約している主婦ですら思っているのが現状です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ライトアップ◇◆~50代女性の消費行動 2008.12.02

光地の寺院や庭園、
ショッピングセンターや大型店、
美しくライトアップされて評判の所がいろいろあります。

それに加えて、
クリスマス前になると、街もさまざまなイルミネーションが施され
幻想的な雰囲気が漂います。

華やかな光は、人を集めるのですね。

普通のお宅でも、この時期ライトアップが見られます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇留守中の気がかり~50代女性の消費行動◇◆ 2008.11.13

家族全員で旅行に出かけるとき、気になるのが留守中の自宅のことです。

空き巣にねらわれないか、
という防犯の問題が第一。

留守だとさとられないように、
照明のオンオフのスイッチをタイマーでセットすることはできます。

部屋の照明を携帯電話でつけたり消したり
一般的ではありませんが、今はそんなことも可能です。

でも、
手紙やダイレクトメールが郵便受けにあふれないかしら。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇軽自動車~50代女性の消費行動◇◆ 2008.11.04

クルマが売れないというなかでは、
軽自動車は比較的好調。

価格が低い、税金が安い、
燃費が良い、
小回りがきいて運転しやすい

メリットはたくさんありますから。

シニアになれば軽に乗り換えるとの予測もあるようです。

でも、
「オレは買わないよ」
と言うのは、60歳前後の男性たちです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇お米の消費~50代女性の消費行動◇◆ 2008.10.28

今年、米の作況指数は「やや良」。
豊作とまではいきませんが、
平年よりは収穫が多いのです。

小麦の値段が上がり、米の消費が増えている折、朗報です。

子育てが終わって夫婦二人で暮らしている家庭では、
それほどお米の消費は多くありません。
子供がいた頃より減少しています。
この先、増えることもないでしょう。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ユニクロの人気~50代女性の消費行動◇◆ 2008.10.16

衣料販売が不振のなか、ユニクロのひとり勝ちといわれています。

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング の
2008年8月期決算は増収増益。
営業利益は874億円、前期比34.7%増というのです。

2008年8月期末の直営店数は740店。
(フランチャイズ店を含むと749店)

50代女性も、ユニクロ製品を買いに出かけます。

この夏のブラキャミソールも、若い人だけに売れたのではありません。
おばさまも買いました。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇その後の報道~50代女性の消費行動◇◆ 2008.09.18

食の安全について、
またまた不信を招く事件が起こりました。

事故米を食用と偽って転売した、
産地の偽装表示もした、というのですから
これは犯罪です。

全容解明を注視したいと思います。

今回ここで考えたいのは、
事件その後です。

思い起こすのは、
ミートホープ事件や中国ギョーザ事件です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇車の運転~50代女性の消費行動◇◆ 2008.09.09

警察庁の発表によれば、
平成19年末の運転免許保有者は、7991万人います。

その内訳は、男性57%、女性43%。
女性の比率が次第に増えてきています。

年齢でみると、
50代は全体の19%。20代より多いのです。
60代は14%、
50代60代が合わせて33%を占めています。

言い換えれば、
運転免許を持っている人の33%が50代60代。
3人に1人は壮年~シニア前期の人たちです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇衣替えの感覚~50代女性の消費行動◇◆ 2008.09.02

季節が移り変われば、衣類も変えなければなりません。

以前は衣替えをするということは
主婦にとって、かなり面倒な家事でした。

一部はクリーニング店に持参し、
それ以外は洗濯し、必要ならシミ抜きをし、
アイロンをかけ、
変なしわがつかないようにうまくたたんで
箱や衣装ケースに収納する。
このケースが重くて、出し入れするのに力も必要です。

家族分をこなそうとすると、
時間もかかりますし、
技術も要するものなのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇お茶の葉~50代女性の消費行動◇◆ 2008.08.05

ペットボトル入りの緑茶飲料は
すっかりお馴染みになりました。

全国清涼飲料工業会によれば、
2007年には全体で600万キロリットル生産されています。

コーヒーよりずっと多いのです。

ということは
若い世代の家庭では、
お茶の葉を買わなくなったということです。

急須でお茶をいれることがないのですね。

50代の女性が
息子の新婚家庭に行って驚いた話があります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇パンツファッション~50代女性の消費行動◇◆ 2008.07.29

パンツを好んでいる中年以降の女性、多いですね。

さすがにホットパンツというか
マイクロミニパンツをはいている人はいませんが。

七分丈のクロップドパンツは
涼しいし流行りだし、ということで
愛好者、よく見かけます。

活動的で、
少々お行儀が悪くても大丈夫ですから
スカートでいるよりも安心です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇捨てられない~50代女性の消費行動◇◆ 2008.07.03

50代女性の家の中は、たいていモノがいっぱいです。

なかでも、
これまでにいろいろ買った衣類が多いですね。

まだ破れていない、
買ったときは値段が高かった、
もう少しやせたら着られる、
などという理由で、昔の洋服がしまいこまれています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇嗜むビール~50代女性の消費行動◇◆ 2008.06.26

カロリーオフや糖質カットをうたったビールが発売されています。

メタボを気にする中高年には気になる商品です。

ビールは飲みたい
ビール腹になりたくはないけれど、
愛飲家は、そんな心理ですからね。

50代女性は、
夕食のときに、夫と一緒にビールを飲む場合が多いようです。
「お料理とともに」が基本です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食品が値上がりしても~50代女性の消費行動◇◆ 2008.05.22
食品の値上げが続いています。 値段そのものは同じでも、 量が減っていることも多い...
| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇カジュアル下手~50代女性の消費行動◇◆ 2008.04.15

ファッションは明らかにカジュアル化しています。

30年ぐらい前は、
女性も職場ではスーツ
子供の学校へ参観に行くときもスーツが普通でした。

今は、黒のスーツ姿はリクルートファッションか、
またはショップの販売員スタイルかという感じです。

黒でなくても、スーツは、どちらかといえば
堅苦しい雰囲気をかもし出すことになってしまいました。

ミドルエイジの女性からすれば、
とまどうのですね。

ごくフォーマルな場では、
形が決まっているからいいけれど、
ちょっと出かけるときの
装いができないのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ 和服を着る~50代女性の消費行動◇◆ 2008.03.25

「和」の再発見とでもいいましょうか、
古き良き日本を見直す風潮はとどまるところを知らず、
といった感じです。

ミドルエイジの女性は、機会をつくって着物を着ようとしていますよ。

昔買ったものを箪笥のこやしにしておくのはもったいない
母親から譲られた上等の着物がある
といった状況に、

時間的、精神的余裕が生まれた状況が合わさって
「着物、着ようかしら」
となるのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇イメージチェンジ~50代女性の消費行動◇◆ 2008.03.07

中年にもなれば、ファッションの好みが定まってきます。

地味め、派手め
モノクロ系、カラフル系
あっさり系、豪華系
無難系、目立ち系
活発派、しとやか派

その人らしいといえばその通りです。

「これが私のスタイル」と決めて、疑わない人はそれでいいのですが、
なかにはそうでない人もいます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ひな祭りにすること~50代女性の消費行動◇◆ 2008.02.21

3月3日は桃の節句。おひな祭りの日ですね。
女の子の健やかな成長を祈ってお祝いをします。

かつて女の子だった50代女性は、
この日をどう迎えるのでしょうか。

娘をもつ家庭の場合。

娘が中学生ぐらいまでは、おひなさまを飾り、
ひなあられを買い、ちらし寿司を食べ、
写真を撮ったりして、家族イベントを行っていました。

今は、おひなさまはしまいっぱなし。
段飾りを取り出すのは面倒ですし、
娘は独立しているか、同居していても忙しくて
付き合ってくれません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇冷凍食品~50代女性の消費行動◇◆ 2008.02.14

冷凍ギョーザによる中毒事件は衝撃でした。
早く解明してもらいたいと思います。

ここで、冷凍食品についてお話ししましょう。

社団法人 冷凍食品協会の統計によれば、
平成18年の品目別生産量は、

1位 コロッケ
2位 うどん
3位 ピラフ、炒飯類
4位 カツ
5位 ハンバーグ
6位 菓子類
7位 ギョーザ
8位 シューマイ
9位 卵製品
10位 ミートボール

ひき肉系が多いですねえ。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇火災予防のために~50代女性の消費行動◇◆ 2008.01.24

火事のニュースが度々報道されていますね。

総務省消防庁の発表によれば、
昨年2007年1月~9月の出火は、
建物、車両、林野、船舶など含めて全部で約42,000件、
1日あたり154件、9分に1件発生したことになります。

このうち56%が建物火災。

建物火災の原因は、多い順に
コンロ 19%
放火、放火の疑い 16%
たばこ 11%

痛ましいのは、そのなかで住宅火災による死者の6割が
65歳以上の高齢者だということです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇家のメンテナンス~50代女性の消費行動◇◆ 2008.01.15

懸案だった家の建て替えやリフォームを終えて、
ほっとしたのもつかの間。

いいえ、つかの間ではないのですが、
年を重ねてくると、1年は短い、
すぐに数年たつのです。

気がつけば、
ベランダの手すりにさびが見える
樋が詰まった
壁紙に汚れがついている

そのほかに、照明や台所機器の不都合などもでてきます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇夫婦のデパ地下~50代女性の消費行動◇◆ 2007.12.25

お惣菜や弁当などの中食(なかしょく)は、
中高年の家庭にも、しっかり定着しました。

コンビニやスーパーでも、惣菜が店の差別化につながるとして、
新商品の開発が競われています。

デパートやショッピングセンターの地下では、
シニアの夫妻が、相談しながらお惣菜を選んでいる姿をよく見かけます。
以前に比べると、そうしたカップルが増えましたね。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇機能的なインナー~50代女性の消費行動◇◆ 2007.11.29

自分では若いと思っていても、
年を重ねれば、体型が変わってきます。
体型の崩れといってもいいでしょう。

体重は若い頃のままだったとしても、
重力の影響か、全体的に垂れ下がってきたことを自覚したりするものです。

それをそのまま放置しないところが、
今どきの中年ミセス。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇靴がない~50代女性の消費行動◇◆ 2007.10.25

わたしの足にぴったりする靴
長く履いても痛くない靴
それでいて、しゃれたデザインの靴
そして、びっくりするほど高価ではない靴

これが、ないのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇良い食材~50代女性の消費行動◇◆ 2007.10.09

素材が良ければ、凝った調理をしなくても、満足できる食事がいただけますよね。

味の濃い新鮮な葉っぱものは、ゆでるだけでいいし、
旬の魚なら、お刺身良し、塩焼き良し。
いいお肉なら、塩コショウして焼くだけで美味。

主婦が、「いい食材が欲しい」というときには、
二重の意味が込められています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇羽織るもの~50代女性の消費行動◇◆ 2007.09.27

季節の変わり目には、お出かけするときに何か羽織るものがほしい。
フツーの上着じゃかさばるし、
ストールじゃあ、ずり落ちるし、
カーディガンでは無難すぎる。

というわけで、50代の女性は羽織るアイテムに困るのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇掃除の代行~50代女性の消費行動◇◆ 2007.09.18

婦がしたくない家事の筆頭は掃除です。

一瞬きれいになってもすぐに汚れる、
やってもやってもきりがない。
だれもほめてくれないし。
達成感があまりないのですね。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇男の料理◇◆ 2007.09.06

時間があれば料理をしたいと思っている男性は、少なからずいるものです。

中高年の多くの家庭では、
「男は仕事、女は家事」の役割分担がはっきりしていますから
フルタイムで働いている間は、男性が調理に手を出すことはあまりないでしょう。
(男性でも、夢は小料理屋のおやじ、というタイプは、
休日に腕をふるいますが、それは例外です)

退職後、ゆるやかな勤務に変わったり、仕事を全くしなくなる頃、
男性の調理チャレンジが始まります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇災害への備え◇◆ 2007.08.21

地震や台風が各地を襲い、大きな被害が出ました。
こういう報道に接すると、我が家でも災害への備えが必要だと、
多くの主婦は思います。

しかし、実際にどこまでするのでしょうか。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇オールアラウンドの調味料~50代女性の消費行動◇◆ 2007.08.09

暑い日が続くと、
毎日毎日、食事のしたくをしている主婦は、
料理をする時間を少しでも減らしたいと思います。

冷房していても、火を使うとやはり暑さが増しますから。

こういうとき、オールアラウンドの調味料があれば嬉しいことです。
多方面応用型、万能型の調味料ですね。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇お墓はどうする~50代女性の消費行動◇◆ 2007.07.12

50代は、自分が入るお墓について、そろそろ真剣に考え始める時期です。

たいていの中年男性は、「家の墓に入る、そして子孫が継承してゆく」と思っているのですが、
女性は、そう思っている割合が明らかに男性よりは低いのです。

・夫の実家の墓には入りたくない
・自分の実家の墓が良い
・新たに夫婦の墓をつくりたい
・家族の墓をつくりたい
・ペットも一緒にいれたい

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇生協ブランド~50代女性の消費行動◇◆ 2007.07.05

肉の偽装問題が発覚しました。
食品加工卸会社が、豚肉を牛肉と偽ったミンチをあちこちに納入していたというのです。

その業者の肉を用いたコロッケを販売していた所に、日本生活協同組合連合会がありました。

これが、50代女性にはショックを与えています。

生協ブランドには信頼感を持っていたからです。
生協のものなら安全、安心して食べられると思っていたのに…

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ホームパーティ~50代女性の消費行動◇◆ 2007.05.24

気楽なホームパーティを開くことが、中年ミセスに定着してきました。
大勢を招く本格的なものではなく、
数人の友人知人や友人夫婦を招くようなスタイル。

彼女たちはレストランや居酒屋で会うこともしますが、
我が家でリラックスしながら交流する楽しさも知っているのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇三世代の外食~50代女性の消費行動◇◆ 2007.04.24

結婚した娘や息子が、孫を連れて一家で来訪する、
それは嬉しいものです。

ただ、主婦にとってちょっと困るのが食事の準備。

幼い子供、若い夫婦、自分たち夫婦では、
当然、食べられるものや好みが違います。

それぞれに合わせた料理を用意するのは
手間が大変。

みんなで1回ぐらいは外食しようということになります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇季節感~50代女性の消費行動◇◆ 2007.04.10

子供たちが成長し巣立っていくにつれ、
家庭内での季節感が薄くなっていきます。

子供が在学中は、入学式や遠足、夏休みに運動会などの学校行事、
習い事教室や塾のイベントも次々にあり、
嫌でも、季節の移り変わりを実感します。

50代にもなれば、そうした行事はなくなり、
ひな祭りや五月の節句を祝うこともなく、
淡々と時間が流れていくことになりがちです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇コンビニ弁当~50代女性の消費行動◇◆ 2007.03.29

コンビニ弁当といえば、揚げ物が多くて野菜が少なく、カロリー高い、
というイメージですが、
今は、そればかりではありません。

ローソンの「春の松花堂弁当」(全国で販売)や「食事バランス弁当」(東北六県と新潟県)
ファミリーマートの「匠のごはん」(期間、販売数限定)、 
デイリーヤマザキの「バランス弁当 お手軽幕の内」など、
コンビニチェーン本部では、年配層を意識した弁当を開発しています。

若者だけをターゲットにしていては、
もう伸びを期待できないという事情がありますから。

50代女性にしても、コンビニ弁当への需要はありますよ。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇カジュアルファッション~50代女性の消費行動◇◆ 2007.03.22

今の50代女性が若い頃は、
改まった席ではスーツやアンサンブルを着用するのが常識でした。
職場へ向かうとき、子供の学校へ行くときもそうです。

そのドレスコードも次第に緩やかになってきました。
今50代後半の団塊世代から、カジュアル化したのだという説もあります。
確かに彼女たちは20代にミニスカートをはき、ジーンズを愛用したのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇フォーマルウエア~50代女性の消費行動◇◆ 2007.03.08

フォーマルウエアとは、冠婚葬祭に着用する礼服のこと。
以前は、すべて和服でした。

次第に洋服が登場し、ブラックフォーマルという黒の洋装が定着、
近年の葬儀では、親族でも喪服の着物姿を見かけることが少なくなりました。

結婚式では、振袖や訪問着の女性は、まあまあいます。
華やかさが喜ばれるためでしょう。

しかし、洋装化は進行しています。
新郎新婦の母親は正装として、以前は黒留袖がほとんどでしたが、
この頃、ロングドレスを選ぶ女性が増えてきています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇アイロンがけ~50代女性の消費行動◇◆ 2007.02.22

アイロンがけは主婦が嫌いな家事です。
手間がかかるわりに、うまくいかないことが多いから。

ワイシャツをピシッと仕上げるためには相当な技術が必要で、
習得に時間がかかります。

そのうえ、アイロンは熱くなって、夏にはとてもやれない、
近年、衣服の素材が多様になり、アイロンがけの適温や方法がわからない、等、
嫌いな理由はいろいろあります。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食育の日~50代女性の消費行動◇◆ 2007.02.15

毎月19日は「食育の日」です。
あなたはご存知でしたか。

「食育基本法」が平成17年7月に施行され、その啓発のために、
6月が「食育月間」、19日が「食育の日」に決められたのです。

そもそも「食育」とは何でしょう。
●生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの
●様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、
 健全な食生活を実践することができる人間を育てること

と、基本法では言っています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇バッグのおしゃれ~50代女性の消費行動◇◆ 2007.02.13

ミドルエイジミセスは、ファッションに関心が高くなります。
というより、子育て中は抑えていたおしゃれ心が、
表に復活してくるということでしょう。

お出かけの機会が増えてくるにつれて、洋服はもちろん、バッグも増えてきます。

女性のバッグには、いろいろなものを入れなくてなりません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食事の準備と後始末~50代女性の消費行動◇◆ 2007.01.25

食事の時間は大切、
美味しい物を食べれば幸せ、
みんな、こう感じていますよね。

主婦もそう思っているのですが、
食事をいただくまでには準備が必要で、その準備が負担になるのです。

NHK放送文化研究所が5年ごとに行っている「国民生活時間調査」によれば、
炊事時間は減少の一途です。

ただ、50代の女性たちは、健康を考えてなるべく
手づくりの食事を家で、と考えています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇パンツスタイル~50代女性の消費行動◇◆ 2007.01.11

今、ミドルエイジの女性は、パンツ愛用派が多いのです。
パンツ、昔はズボン、スラックスと言っていましたね。

東京の昼間の駅で見かける中年女性の、
およそ8割はパンツスタイルではないでしょうか。

それも、モコモコではないスマートなスタイルです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇トイレ掃除~50代女性の消費行動◇◆ 2006.11.10

◆◇トイレ掃除◇◆

一般に、主婦がしたくない家事の筆頭は、掃除。
そのなかでも、トイレ掃除が一番嫌いです。

ゴミ出しやお風呂掃除をする夫でも、トイレ掃除はまずしません。

嫌でも、主婦が掃除することになります。
しかも、中年以降の女性は、
トイレの清潔さが、嫁を評価する尺度のように言われていた時代を知っていますから、
何となくプレッシャーがあります。

そこで、仕方なく頻繁に掃除はしますが、
なるべく、短時間に、手間をかけずに、きれいにしたいと思います。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇セキュリティ~50代女性の消費行動◇◆ 2006.11.03

セキュリティという言葉は多方面で使われていますが、
50代女性にとって、馴染みのあるのは、まずホームセキュリティでしょう。

警備会社と契約をして、防犯などのサービスを受ける仕組みですね。
今ではかなり普及し、
警備会社がサービス提供の証としているステッカーを
貼り付けているお宅が増えています。

考えれば、暮らしの器である住まいに不安なことはたくさんあります。
家の中にいても、危険がふりかかるかもしれません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇着物~50代女性の消費行動◇◆ 2006.11.01

おおかたの50代女性は
箪笥に、和服をしまいこんでいます。

礼装用の留袖や喪服、
準礼装の訪問着に色無地、
おしゃれ着の小紋や紬、
それに、帯や帯締め、帯揚げ、襦袢、足袋等。

嫁入り道具として親がそろえてくれたから
好きで買ったから、
全部合わせると、けっこうな量です。

ですが、今、着物を着る機会といえば、
多くはありません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇おせち料理~50代女性の消費行動◇◆ 2006.10.24

おせち料理の予約受け付けが、デパートやネットショップで始まりました。
値段もバラエティに富んでいますよ。

近年、おせち料理を自分で作る主婦が減少してきました。
特に若い主婦は、
「おせちは自分で作らず、実家で食べるもの」と思っています。

その実家には、50代以上の主婦がいるわけで、
彼女たちは、何らかのおせち料理を用意して、
娘や息子、その一家を待ちます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇インナーウエアを買う~50代女性の消費行動◇◆ 2006.10.12

インナーウエアを、業界では、
ファンデ-ション、ランジェリー、肌着その他に大きく分けています。

ファンデ-ションは、ブラジャーやガードル、ボディスーツなど、
ランジェリーはスリップ、キャミソール、ショーツなどですね。

で、これらインナーウエアを、50代女性はどこで買うのでしょうか。

子育て真っ最中の世代が愛用するのは量販店ですが、
その利用は年をとると減少。

通信販売は20代ほど多くはありませんが、
かなり利用しています。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ガーデニングの花~50代女性の消費行動◇◆ 2006.10.05

「レジャー白書2006」(財団法人・社会経済生産性本部)で
園芸は、シニア化種目とされています。

シニア化とは、様々な余暇活動の中で、
実行している人口中、50代以上が50%以上を占めている種目。

園芸は、69%が50代以上です。

園芸とは、ガーデニングのことですよね。

子育てが一段落すると、
主婦は庭いじりや栽培をする気になります。

植物を育てるには手がかかりますからね。
時間的にも精神的にも余裕がないと、できません。

というわけで、花を育てて楽しむ中年女性が多いのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ワイン◇~50代女性の消費行動◆ 2006.10.03

ミドルエイジの女性たちは、
若い世代に比べると、お酒を飲む人の割合は少ないようです。

それでも、以前に比べると
お酒を飲んでいるおばさまを見かけることが多くなりました。

どんな酒類をたしなんでいるかといえば。

一番はビール。
これはどんな年代でもそうです。
「とりあえずビール」ということもありますよね。

次は?

30代ぐらいでは、発泡酒やチュウハイが人気ですが、
中年女性は、ワインです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇車~50代女性の消費行動◇◆ 2006.09.28

あなたは、運転免許を持っていますか。

男性の場合、30代が100%近く。
40代、50代、60代と
徐々に保有率が下がりますが、
それでも、60代後半で85%を保っています。

女性は30代がピークであることは男性と同じですが、
その後は大きく違います。
年齢とともに、どんどん保有率が下がっていきます。
数字をみると、よくわかります。

50~54歳 76.0 %
55~59歳 67.8
60~64歳 51.7
65~69歳 35.4

ここで注目したいのは、
50代女性の保有率の多さです。

極端な言い方をすれば、
今のおばあさんは、免許を持たないが
近い将来のおばあさんは、免許を持っているということです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ファッションアドバイザー~50代女性の消費行動◇◆ 2006.09.22

おしゃれなミセスも、年をとるにつれ、
自分のファッションセンスに自信がなくなってきます。

若い頃の体重をキープしていたとしても、
体型はやはり変わっていますし、
昔通りのTシャツやスーツ姿では、流行遅れになりかねない、
という不安があるのです。

そういうとき、娘が、ファッションアドバイザーになって、
母娘、一緒にショッピングに出かけます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇別荘~50代女性の消費行動◇◆ 2006.08.31

バブルの時代に、別荘を購入したサラリーマン家庭は、案外存在します。
関東在住の世帯なら、長野県や山梨県、静岡県の高原に、
分譲された一区画を買った例ですね。
なかには、北海道という選択をした人もいます。

その、別荘というか、山荘というか、とにかく居住している自宅以外の家を
よく利用しているかといえば、たいていは「たまに」です。

夫族は、自分がリタイアしたら、そこに移住して
半分農業、半分自由に暮らそうと思っているようです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇天然素材~50代女性の消費行動◇◆ 2006.08.22

天然素材と聞いて、何を思い浮かべますか。

天然記念物?

今日は、その話しではありません。

調味料、健康食品、化粧品、衣類、寝具、建材、インテリア用品などに
使われる素材のことです。

天然と表示されているのを、あなたもよく見かけるでしょう。

 詳しくはコチラ
◆◇インテリア~50代女性の消費行動◇◆ 2006.08.11

インテリアグッズを買うとき、主婦の発言権は絶大です。
ほとんど独断で決めることが多いものです。

ソファ、カーテン、カーペット、ラック、照明器具、小物類。

50代になれば、子供部屋だった部屋が空いて
自分の趣味の部屋にしようなどと思います。

リビングルームも、模様替えをしたくなったりします。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食へのこだわり~50代女性の消費行動◇◆ 2006.08.04

50代女性は、毎日の普通の食事を大切に考えています。
若い世代は、朝食抜きも多いのですが、中年世代は、1日3食が当たり前。

メニューは、伝統的な1汁3菜(ご飯に汁物、おかず3種類)を基本としています。 

中身は、量より質。

特にグルメでなくても、美味しいもの、
かつ、身体にいいものを食べたいと思っています。

| トラックバック(5)  詳しくはコチラ
◆◇ジュエリー~50代女性の消費行動◇◆ 2006.07.20

年を重ねて、もう若くはないころになると、
女性は、良いアクセサリーを身につけたいと思い始めます。

若いときは、ガラス製でもプラスチック製でも、
デザインと色が可愛いものであれば、それなりに似合うのですが、
肌のハリが衰えてくる時期には、そうはいきません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ネットでレシピを探す~50代女性の消費行動◇◆ 2006.07.16

毎日毎日、食事の用意をして何年もたつと、その主婦の定番メニューが
自然に決まってきます。

うちでよく作るお惣菜を聞くと、肉じゃがを挙げる主婦は多いものです。

ま、それはいいとして、
いつもの野菜をいつもの調理法で処理するのに飽きたとき、
野菜や魚などの食材が余ってしまったとき、
中年主婦も、若い主婦と同じように、ネットで、レシピを探します。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇家のにおい~50代女性の消費行動◇◆ 2006.07.11

梅雨どきには、においが家の中にこもりがちになります。

主婦が特に気にするのは、トイレ、キッチンの生ゴミと排水口の悪臭。
喫煙者がいるときにはタバコ、
ペットがいる場合には、ペットの臭いも気になります。
それらがしみついたカーテンやソファの臭いが嫌な主婦もいます。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食器~50代女性の消費行動◇◆ 2006.07.08

庭で、毎日の食事に使うお皿や小鉢は、たいてい同じものです。
料理によって、違うことはありますよ。
パスタはこれ、お刺身ならこれというように。

それらの食器を見直そう、
と思う年頃なのです、中年は。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇フレグランス~50代女性の消費行動◇◆ 2006.06.20

ハーブやアロマといった言葉が日常的に使われ、
香りの効用が、次第に認めれてきました。

そうして中年ミセスは、フレグランスに関心を寄せ始めています。

でも、50代女性は若い女性に比べると、使い方に慣れていません。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇リフォーム問題~50代女性の消費行動◇◆ 2006.06.16

1980年代にマイホームを手に入れた人たち、
つまりは中年世代の間で話題になるのが、家のリフォーム。
自分たちが年をとるとともに、家も古くなり、
これからも住み続けるためには、不都合が生じてきたからです。

移転や建て替えという選択肢もありますが、
多いのは、リフォームをすることです。

 詳しくはコチラ
◆◇手作りの意味~50代女性の消費行動◇◆ 2006.06.13

お母さんの手作り、という言葉には温かい響きがありますよね。

この「手作り」、年代によって、意味する内容が違います。

料理に絞って、今回はお話ししましょう。
例えば、五目寿司をつくるとき。

ベテラン主婦なら、寿司飯を作るのに、
自分で酢、砂糖、塩を混ぜて合わせ酢を作ります。

| トラックバック(3)  詳しくはコチラ
◆◇夫のインナー~50代女性の消費行動◇◆ 2006.05.25

世の中年男性は、自分の衣類を買うとき、どうしているでしょう。
スーツやジャケットなら、たいていは、妻と一緒に出かけて行きますね。

ほとんどの女性たちは、
「私のほうが、夫よりファッションセンスが良い」
あるいは、
「夫はセンスがない。放っておくと、とんでもない色柄を買ってしまう」と
思っていますから、夫にまかせてはおけないのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇食品の宅配~50代女性の消費行動◇◆ 2006.05.16

食品や食材の宅配の利用者は、年々増加しています。
中年主婦の家庭でもそうです。

宅配といっても、種類は多くあります。
○生協のような会員制組織の定期便、
○スーパーやコンビニ、デパート、ホテル、ファストフード、ファミリーレストランの宅配、
○近所の小売店の宅配、
○牛乳店の宅配、
○米や果物等の定期的産地直送、
○地方名産品のお取り寄せ、
○ネットショッピングモールでの買い物。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇夫婦で外食するとき~50代女性の消費行動◇◆ 2006.04.18

性が外食をするとき、夫と行く場合と、女友達と行く場合とでは、お店の選び方が違います。
価格は、どちらの場合でも、店を決めるポイントですし、
「おいしさ」は、もちろん、最重点です。

中年にもなれば、食事は、量より質になります。

そして、夫婦で出かけるときは、夫の好みが優先されます。
というより、夫が嫌いな食べ物の店には行きません

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ジーンズ~50代女性の消費行動◇◆ 2006.04.14

ジーンズを着用しているのは、子供や若い人々ばかりではありません。

今の50代は、けっこう、日常的に履いています。

1960年代後半、若かった彼ら彼女らは、Gパンと呼んでいました。
今でも、Gパンと言っているおじさんがいますね。
女性は、ジーンズと、いいますよ。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇コロッケを買うわけ~50代女性の消費行動◇◆ 2006.04.04

ちょっと前までは、主婦たるもの、家で調理するのが当たり前で、買ったものをそのまま食卓に並べるなんぞは、手抜きとして、自分でも後ろめたい気がしたものです。

しかし、今や、お惣菜を買って帰って食べることは、ごく普通のことです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇ガーデニング~50代女性の消費行動◇◆ 2006.03.07

中年女性に、あなたの趣味は?と尋ねると、ガーデニングという答えが返ってくることが多いものです。年齢が上になるほど、その割合が増えます。
20代や30代では、植物を育てる余裕がないのですね。

このとき、困るのが、知識不足、技術不足。
本や雑誌もたくさん出版されていますが、自然が相手だけに、自分のケースの解決法はわからないのです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇住宅リフォーム~50代女性の消費行動◇◆ 2006.02.22

50代ともなれば、子供たちが成長して、就職や結婚で、家を出て行く頃です。
近年、出て行かない大きな子供もけっこういますが、それでも年をとると、同居している家族の総数は減少していきます。

普通、家のリフォームをしたい場所を考えるとき、真っ先に挙げられるのは、水回り、つまりキッチンと浴室です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇献立の悩み~50代女性の消費行動◇◆ 2006.02.15

毎日の食事を作っている主婦にとって、一番の悩みは、献立が決まらないということです。メニューの組み立てに悩むのです。

若い主婦は、夕食がスパゲティ一皿でおしまい、でも平気のようですが、50代のベテラン主婦では、そうはいきません。
フルコースを作ろうとしているのではありませんが、食事の基本は「一汁三菜」であるべきだと、教え込まれていますから。

 詳しくはコチラ
◆◇試着~50代女性の消費行動◇◆ 2006.02.10

ジャケットやコート、スカートやパンツ類は、自分に合うものを求めて、女性は試着するのが普通です。

ところが、インナー類は、そうではありません。

ブラジャーは、試着をする割合が減少します(ここで取り上げているのは、いわゆる高級品のことです)。
特に、中年になると、しない人が増えます。

 詳しくはコチラ
◆◇食品の安全性~50代女性の消費行動◇◆ 2006.01.03

代が高くなるにつれ、食品の安全性についての関心が高くなっていきます。
中年主婦ともなれば、毎日の食事で、体に良いものを取り入れようとします。
そのなかで、食品を選ぶときの、重要な条件が、安全性なのです。

原産地や添加物、賞味期限、遺伝子組み換えの有無、有機農産物、減農薬など、
表示をよく見るのは、年齢が上の女性です。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇サイズを分かりやすく~50代女性の消費行動◇◆ 2005.12.15

衣類を買うとき、最も不満が多いのが、サイズに関することです。
「表示にあるサイズが、実際どんなものかよく分からない」
「私に合うサイズがない」

特にニット類は試着できないことがほとんどですから、書いてあることで判断するしかないわけです。

| トラックバック(0)  詳しくはコチラ
◆◇手抜きに見えない手抜き料理~50代女性の消費行動◇◆ 2005.12.14

12月も半ばになりますと、なにか気ぜわしいものです。主婦にしてみれば、食事のしたくも簡単にしたいのです。はっきり言えば、手抜きしたいのです。
でも、毎日、出来合いのお惣菜を買ってくるわけにもいきません。

そこで、便利に使うのが、様々なドレッシング類。

 詳しくはコチラ
COPYRIGHT (C) SINCE 2005 KURASHI INSTITUTE ALL RIGHTS RESERVED.